【古着やハーレー! 男の子の趣味を楽しむ美容師】代官山の美容室『JET(ジェット)』森川 将太郎さんインタビュー

代官山の美容室を探す

 

代官山の表通りから、ちょっと小道に入ったところにある美容室『JET』。
そこでストアマネージャーをしている森川さんに、美容師になった理由から、どのような趣味があるのかなどのお話を伺ってきました。
森川さんの趣味は、“男の子”だったら興味津々のはずですよ。

 

 

運命の美容師に出会って美容の道へ

 

——すごく落ち着いた感じですし、年上に見られたりしません?
森川「そうですか? 美容師歴8年の28歳なんですが、むしろ口髭を取っちゃうと逆に若く見られちゃうのが悩みで、なかなか剃れないんですよね(笑)」

——長野県出身とのことですが、美容師を志したキッカケは?
森川「地元の長野で初めて行ったヘアサロンで、すごく刺激的でカッコイイ美容師さんに出会って、その人から受けた影響がデカイですね。女性だったんですけど、いつも希望以上のスタイルに仕上げてくれるのはモチロン、家族や学校の友だちにはできない相談に乗ってもらったり、思春期の僕に色んなアドバイスをしてくれる相談役って感じで」

——美容師とお客さんの関係以上のものを感じます!
「そうですね。髪を切りに行きたいっていうよりは、その人と話したくて毎月通っていました。そこから、いつしか僕もそういう人になりたいなって憧れを抱くようになって、美容師を目指すようになったんです」

 

オーナーと意気投合してJETへ入社

 

——まさに人生の師匠ですね。そして上京して美容専門学校に進学。で、卒業後にJETさんを選んだのはなぜ?
森川「ウチのオーナーとはバイブスが合ったんですよね。大型店みたいに担当がカットだけし、後はアシスタント任せみたいな、とりあえず回転率を上げるスタイルの店ではなく、マンツーマンで最初から最後までお客様に触れ合いたかったので、ココなら! って。採用面接では最初の1時間は“なぜ美容師になったのか”“どんな美容師を目指しているのか”なんかを聞かれたりしたんですが、それよりも趣味の話が盛り上がって(笑)」

——趣味の話っていうのは?
森川「古着の話です! 以前に古着屋でも働いてたんで、その話とか。あとお互いバイクが好きだと判明したので、その話で盛り上がりました」

——お~! 両方、オトコって感じですね。ちなみに、その古着屋さんは東京のお店ですか?
森川「原宿にある『VOSTOK』っていう店で、今みたく広い店舗に移る前だったんですけどね。美容専門学校に通っていた時代に1年半ぐらい働いていました」

 

森川さんのステキな人間関係

 

——なんで古着の道には進まなかったんですか?
森川「確かに迷った時もありましたよ。働いていた頃の仲間とは今も仲良くしているので、今度は彼らが髪を切りに来てくれたりとかして。ほんと10年来の友だちですね。東京に来てすぐ働いた場所だったんで、そういう繋がりが出来たってのも嬉しいですね」

——原宿で古着屋に働いた経験があるとショップスタッフの知り合いも多いですよね。古巣の〈VOSTOK〉以外にも仲の良いショップってありますか?
森川「そうですね~まぁ、色々と行くんですけど、最近は近所にある『NITEKLUB』さんや『TROPHY CLOTHING』さんとは仲良くさせてもらっています」

——森川さんのようにショップスタッフさんと仲良くなるコツを教えてください!
森川「う~ん。すぐ近所なんで、ショップに行って話している流れで「一緒にメシ行こうよ!」みたいな感じですよね、基本は。僕の場合、そこから家族みたいにすぐ仲良くなっちゃいますね」

 

“THE 男の子”の森川さん

 

——学生時代からそのフランクなノリは変わらずですか? 部活とかやってました?
森川「そうですね。あと古着好きに関しても高校時代から変わらずですね。部活はバスケをやってましたが、周りの友だちもバイクとかが好きだったんで、あんまり部活をガッツリというワケではなかったですね。仲間と原付をイジったりして、遊ぶのがとても楽しかったですね。とはいえ、生活態度はいたって真面目でしたよ!(笑)」

——バイク仲間も多そうですね。
森川「それが同世代だとあまりいないんですよね。僕の周りでハーレー乗りっていったら年齢的にちょっと上になっちゃうんです。本当は同世代の仲間が欲しいですけどね」

——ちなみに持っているのは、いつ頃のハーレーなんですか?
森川「1985年に製造されたモデルなんですが、古いのでエンジンなんかをイジってても「あっ、ネジが一本ない!」みたいなことも多々あります。(笑)でも、友だちがハーレーを取り扱うバイクショップをやってるんで、そこのガレージに置かせてもらって、分からない所は教えてもらいながら直しています。でも、なかなかそればっかりには時間かけられないんで、まぁ~ゆっくりやってって感じですね」

——いつ完成予定なんですか?
森川「2015年の暮れ位に譲ってもらって、1年間かけて月1ペースでイジってます。全然進まない時もあるし、今年には完成したいですね(笑)」

——そんなハーレーの魅力とは?
森川「やっぱり古着もそうですけど、古い物が好きっていうところからですかね。エンジン音も現行モノとは全然違うし、バイク好きが聴いたら「あっ、ハーレーだ」ってすぐ分かるんですよ!」

——森川さんは、正しく“男の子”って感じですね。
森川「でも洒落たカフェとかにも行きますよ(笑)」

——そっちがなんだか意外(笑)。ちなみに家にいる時はどういう感じなんですか?
森川「普通ですよ。ちょっと前まで一軒家を男友だちと2人で借りてシェアして暮らしたんですが、最近解散して1人暮らしになったんです。そこが屋上にあるペントハウスみたいな所なんですよ」

——ちなみに場所はどちらなんですか?
森川「三宿とかその辺なんですが、バーベキューなんかも出来るし、夏とかメチャメチャ気持ちイイですよ♪」

——いいですね~! それは家で過ごすのも楽しそう!
森川「それが、僕自身が外に出かけて色んな人に会ったりして繋がっていくのが好きなので、あんまり家にはいないんですよね」

——なら今回の撮影は、そうやって繋がった仲の良いショップにお邪魔して、そこで働くお友だちと撮影するっていうのはどうですか?
森川「イイですね~。ならさっき話に出た〈NITEKLUB〉と〈TROPHY CLOTHING〉はどうですか? どちらも友だちがいるし、いつもお世話になっているので!」

 

インタビューを終えて

 

森川さんは“男の子”が好きだった“モノ”を、大人になっても大切にしている印象を受けました。
壊れているバイクを、動くところまで自分でイジろうとするのは本当に好きだからですよね。
趣味のことを話しているときはもちろん、今回お邪魔させて頂いた古着屋さんのスタッフさんたちとお話をしているときの森川さんは本当に楽しそうで、見てるこちらも楽しい気分になってくるから不思議です。
共通の趣味がある方はもちろん、笑顔でお話をしたいという方もJETに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

【取材にご協力いただいた美容院】
店舗名:JET(ジェット)
スタッフ: 森川 将太郎
住所:東京都渋谷区代官山町13-6 地図
営業時間:月・水~土11:00~21:00/日祝10:00~19:00

 

interview&test:TOMMY / photo:曽我美芽

 

<Special Thanks>
・TROPHY CLOTHING
東京都渋谷区東2-22-10
・NITEKLUB
東京都渋谷区代官山町13-8 CASTLE MANSHION 110

 

過去の美容師インタビュー

 

代官山の美容室を探す

 

※この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。

※掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。

Categories: ヘア

メディア

楽天ビューティマガジン編集部

全国の美容室情報はもちろん、ヘアスタイル情報も豊富に探すことが出来る楽天ビューティの女性メディアです。外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。