シンプルな北欧風トレイに隠された、とっておきの秘密

interior

 

ひとり暮らしを始めたときは、あれこれと身の回りのものを揃えるのが最高の楽しみでした。意外に苦労したのが「テーブルトレイ」探し。シンプルで使いやすく、値段も手ごろ…というとなかなかなくて、雑貨屋を何軒もハシゴしたことを思い出します。

 

ただの「シンプル」では終わらない、スゴ技トレイ

今あの頃の自分に会えるのなら「絶対にコレ」と教えてあげたいのが「KINTO(キントー)」の「ノンスリップ レクタン マット&トレイ」です。

見た目はごくシンプルで、木目の美しさが際立つ北欧風のトレイ。適度な薄さで持ちやすく、お皿が落ちないようにフチもちゃんとカーブしています。和の器にも西洋皿にも違和感なくなじむ、日本人の食卓にうれしいデザイン。

でも、このトレイの真価は使ってみないとわかりません。実はトレイの表面にノンスリップ加工(ウレタン加工)がほどこされていて、斜めに傾けても食器やグラスがすべりにくいのです。

 

グラっときても、落っこちない!

昨年の「KINTO」の展示会で、新作と並んで置かれていたこのトレイ。ロングセラーとのことで、何気なく「グラスをのせてこんなふうにしても、落っこちないんですよ」と説明していただいたのですが、かなり大胆な傾けぶりに「お、落ちる!」とドキッとしてしまいました。もちろんグラスはピタリと止まり、その効果のほどにびっくり。

心をこめた手料理を運ぶ途中でグラリときて、せっかくの盛り付けが台無しに…という事態は、なんとしても避けたいもの。そんなときも、このトレイなら慌てずにすみます。プライウッド(圧縮成型合板)製だから軽くて丈夫。カラーは落ち着いた色合いのチークと、明るくやさしい色合いのウィローの2色から選べます。

 

インテリアにもなる優秀デザイン

サイズ展開は4種類。食卓に器を運ぶのがメインなら大きめがオススメですが、中くらいのサイズを一人用のランチョンマット代わりにしたり、小さめサイズを小物の整理に使ったりするのも良さそう。キッチンだけでなく、ワークデスクや玄関先の小物入れにもいいですね。

海外のインテリアでは、整理整頓や小物のディスプレイに、トレイを効果的に使った例をよく見かけます。ドレッサーに化粧品を置いたり、コーヒーテーブルに小さな花びんと小物を置いたりするときも、直接ではなく、トレイの上に置くとスマートな雰囲気に。移動しやすいから掃除がラクなのもうれしいところです。

 

「使う人」の気持ちに寄りそう逸品たち

ただし、インテリアになじむセンスのいいトレイを探すのが難しいのですが「KINTO」のトレイならぴったり。北欧風のインテリアにはもちろん、ナチュラルな木の家具や、イームズのようなミッドセンチュリーテイストにも違和感なくはまります。

「KINTO」は、使い勝手の良さと、たたずまいの美しさにこだわったテーブルウェアやドリンクウェア、キッチン雑貨などを開発しているキッチンメーカーです。「使う人」の気持ちに寄りそうアイデアと、甘すぎない普遍的なデザインのバランスがとても良く、長く愛用できる逸品がたくさん見つかります。食器やコーヒーウェアも、シンプルなのに「おおっ」と唸る工夫が満載なので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。



商品名:KINTO キントー ノンスリップ レクタン マット&トレイ
価格:2059円(税込)
商品情報はコチラ

 

※この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。

※掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。

メディア

田邉愛理

学習院大学で日本美術史を学び、卒業後、私立美術館学芸員として勤務。2004年~2012年まで展覧会音声ガイドの制作・運営に携わり、ライフスタイルをテーマとするライターに。暮らしを美しく、楽しく、便利にするあれこれをご紹介します。