猛暑にはコレ! 火を極力使わないのにちゃんと見える、夏のランチアイディア

gourmet

暑いときは火を使って料理するのがちょっと辛いですよね。でも、ちゃんと美味しいものが食べたい! そんな夏にぴったりの、コンロを極力使わずに作る楽チン見栄えランチをご紹介します。

 

サラダパスタ

gourmet

[材料]
お好みのパスタ
レタス、たまねぎ、パプリカ、アボカドなどお好みの野菜
ツナ、ハム、生ハム、カニカマなど
(お好みで)チーズ

コショウ
お好みのドレッシング

野菜をたっぷり使ったサラダパスタです。
冷蔵庫にある野菜をざくざく切って、パスタと和えてお好みのドレッシングをかけるだけ!
パプリカやキュウリ、プチトマトなどカラフルな野菜をたっぷり入れれば、見た目にも鮮やかなのでお客さんが来たときのおもてなしランチにもぴったりです。
チーズ好きなあなたは、角切りにしたチーズを投入してみては? 食感と風味がアクセントになって味にコクが出ます。
さらにしそやねぎ、みょうがなどを選んで醤油ベースのドレッシングをかければ和風サラダパスタに、パスタをそば、そうめん、うどんなどに変えればレパートリーは無限大です。
麺を茹でるのだけ、コンロで頑張りましょう!

 

薬味たっぷり梅風味しらす混ぜ寿司

gourmet

[材料]
・炊きたてご飯
・酢飯の素/寿司酢
・しらす
・シソ、みょうが、ネギなどのお好みの薬味
・ゴマ
・梅干し
・お好みで塩昆布

この丼なら、食材を切って酢飯と混ぜるだけ! 簡単でコンロいらずです。
炊きたてのご飯に酢飯の素か寿司酢を和えて酢飯を作ります。
薬味を細切りに、梅干は手で小さくちぎって、あとは全部の材料を混ぜるだけ!
ビジュアル重視の方は、ゴマと梅干だけを先にご飯に混ぜて、薬味としらすをご飯のうえにたっぷり載せてしらす丼にしましょう。
ポイントは、とにかく惜しまず薬味を入れることです。
たっぷりの薬味で夏バテ気味でも食べられちゃう、あっさりした混ぜご飯を召し上がれ♡


 

️ピザトースト

gourmet

[材料]
・食パン、イングリッシュマフィン、バケットなど
・ピザソース(ケチャップかトマトペーストにドライバジルでも代用可)
・チーズ
・玉ねぎ、ピーマン、コーン、ツナ、ベーコンなどお好みの具材

いつもの食パンにソースを塗って具材とチーズを乗せ、あとはオーブントースターにインすればアッと言う間にピザトーストの完成です。
イングリッシュマフィンやバケットで作れば、少し小ぶりで見た目もおしゃれなカフェ風ランチに。
お客さんが来たとき、特に子どもがいるときは、具材をたくさん用意して、みんなでそれぞれ好きな具材でマイピザを作ったら、にぎやかで楽しいランチタイムになること間違いなし!
お鍋やフライパンも汚れないから、片付けもラクラクです。

アイディア次第で、火を使わなくても美味しいランチは作れます!
うだるような暑さの毎日も、おうちご飯で元気になりましょう。

 

※この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。

※掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。

メディア

mary

食べることは大好きだけど、美容も健康もちょっと気になる、そんな女性を応援する、アラサーライター。コンビニやスーパーで買える身近な食べ物から、おしゃれして出かけたいお店まで、同世代の女性が楽しめるテーマをチョイスしていきます。