許してはいけない! 「記憶をなくしてしまって浮気をしてしまった」

love

 

「あー飲みすぎたぁ…」
盛り上がってしこたま飲んだ飲み会後、ふと隣に目をやると知らない裸の女性が。
頭はたっぷり残ったアルコールでガンガンするし、思い出そうにも昨日の記憶が途中から何もない。

覚えていないけれど、この状況…やっちゃったんだろうなぁ。
やばい、昨日飲み会終わったら彼女に連絡するって約束していたのにしてないわ。
ってか誰だよこの女…

朝起きたら隣に知らない人がいた。お酒好きで、飲む量をコントロールできない人は誰しもが経験したことがあるであろうこのシチュエーションですが、お酒に強い人にとっては理解しがたい経験であろうかと思います。

世の中には2つのタイプの人間が存在します。
記憶が飛ぶ人と飛ばない人。

記憶が飛ぶ人にとっては、お酒の席での記憶は面白いくらいにすっぽりと抜けます。まったく覚えていないのに、普通に飲んで楽しそうに話していた、カラオケでは得意な曲を何曲も歌っていたなどということも。
彼らにとっては記憶がない状況下でしでかしたことは仕方がないことであり、失礼なことや失敗をしてしまったとしても「記憶がない」ということを言い訳に逃げようとします。

 

記憶が飛ぶメカニズム

では記憶はどうして飛んでしまうのでしょうか。
お酒を飲むことにより血中のアルコール濃度が上昇し、中期的な記憶をつかさどる海馬が麻痺してしまいます。海馬が機能しなくなることにより「覚える」ということができなくなり、記憶がスリップしてしまうのです。
このようにして一時的な記憶障害に陥り、その瞬間は覚えていたものを後々忘れているという状態ができあがります。つまり「記憶がない」ということは今覚えていないだけであり、飲みの場ではきちんと意識はあるということなのです。

 

許してはいけない!「記憶をなくしてしまって浮気をしてしまった」

「昨日は先輩に飲まされてしまって。たくさん飲んだから記憶がなくなってしまい、こんなことになってしまった。ちゃんとしていたら浮気なんて絶対にしない。二度と飲みすぎないから許してくれ」
(そっか…記憶がないのだし、それって仕方ないのかな…)
たくさん飲んだあとに、記憶がないことを言い訳に浮気の許しを得ようとするロクでもない男がいますが、これは絶対に許してはいけません。
彼は今の記憶がないだけであり、飲んで浮気に至る課程においては酔っ払っているにせよキチンと記憶はあるはずだからです。
お酒を飲み理性が飛ぶことによって、人間は本能のままに行動をするようになります。お酒を飲んだらムラムラして、単純に目の前の女を抱きたいと思いそれを実行した、ただそれだけなのです。



お酒の飲み方は自己責任。「水を同量飲む」や「良質なたんぱく質を事前に摂取しておく」など記憶を飛ばさない方法はいくらでもあります。お酒の飲み方をコントロールするのも大人の嗜み。記憶が飛ぶことを言い訳にする格好悪い大人にはなりたくないものです。

 

※この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。

※掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。

メディア

村上加苗

お酒をこよなく愛する恋愛コラムニスト。好奇心の赴くままにどこにでも突っ込んでいく体当たり取材と、飲食業界で培ってきた人間観察眼を武器にする。