【乾燥肌対策は完璧?】乾燥肌の人が気になる悩みをエステサロンオーナーに聞いてみました♪

自由が丘のエステサロンを探す

 

秋や冬はお肌の乾燥が特に気になりますよね。乾燥肌ってそもそも何なの? という基本的な質問から、乾燥肌の原因や化粧水のポイントなどについて、自由が丘『La Brise(ラブリーズ)』でオーナーをしている高野さんにお話を伺いました!

 

 

そもそも乾燥肌ってなに?

 

健康的なお肌というのは、お肌の中の油分と水分、細胞と細胞をつないでいるうるおい成分「セラミド」のバランスが取れた状態です。

しかし、お肌の水分が減ってしまうと、お肌の水分・油分・セラミドのバランスが崩れてしまい、不安定な状態となってしまいます。
肌の水分不足によって、油分と水分のバランスが崩れてしまい、セラミドが不足してしまった状態となっているのが、「乾燥肌」と呼ばれる肌です。

本来、角質層の成分は2~3割が水分だと言われていますが、もし水分が2割以下になってしまった状態の肌は「乾燥肌」だと言えるでしょう。
分かりやすい見分け方だと、洗顔後に何もつけない状態でしばらく放置した際、すぐに肌が突っ張ってしまう人は「乾燥肌」お知らせです。あなたのお肌は乾燥肌さんになってませんか?

 

乾燥肌になる原因なんなの?

 

乾燥肌の原因となっているのは、「セラミド」の減少です。
お肌の角質層にあるセラミドは、肌の潤いを保つという大切な役割を果たしています。このセラミドが減少してしまうと、お肌に潤いが保てなくなり「乾燥肌」になってしまうのです。

 

セラミドを減少させてしまう主な3つの原因

 

セラミドは「肌のタウンオーバーの乱れ」「肌のバリア機能の低下」「空気の乾燥や温度差」で減少してしまいます。

 

1:肌のタウンオーバーの乱れ

 

生活習慣や加齢、紫外線など、肌のターンオーバーの乱れには様々な原因がありますが、古い角質が剥がれ落ち、新しい肌へとうまく生まれ変われないと、セラミドも減少してしまいます。

 

2:間違ったスキンケアによるお肌のバリア機能の低下

 

洗いすぎや、洗浄力の高すぎるクレンジング剤の使用、高すぎる水温での洗顔、こすりすぎなど、間違ったスキンケアは、セラミドを減少させ、バリア機能を低下させます。

 

3:空気の乾燥や、温暖差の激しさ

 

乾燥した空気というのは、肌から水分も奪ってしまいます。
暖かい室内から外の寒気に突然さらされると、体温を奪われないようにするために毛細血管が収縮し、血行が悪くなります。さらに、新陳代謝も低下し「セラミド」の生成力もおちてしまいます。

 

乾燥肌には化粧水が大事って聞いたけど、使い方は?

 

乾燥肌の場合は、水分だけでなく保湿も重要なポイントとになります。
最近はほとんどの化粧水にセラミドは配合されるようになってきていますが、その中でも特に保湿力が高いと言われているものを選んでみてください。また、年齢によって肌質は変わりますので、年代にあったものを選ぶのが一番良いでしょう。

 

化粧水をつける時の押さえるポイントって?

 

乾燥肌の場合、正しい化粧水の使い方を知ることも重要です。
化粧水の付け方で押さえておくポイントは、「優しく手でつけること」と「適量を何回に分けてつけること」、そして「洗顔後にタオルで水分を拭き取った直後につけること」の3つです。
乾燥肌は敏感肌になっている可能性もありますので、お肌に刺激を与えるようなつけ方は避けましょう。
また、顔全体の他にも首元までしっかりつけて保湿することもオススメです!

 

正しい化粧水をつける手順を確認しましょう♪

 

次の簡単5ステップでつけていきましょう!

① 適量を取った後、両手のひらで化粧水を人肌に温めます
② 両手で顔を優しく覆います
③ 優しく手のひらで押し当てながら、手を移動させます
④ 適量を取り、再び両手のひらで化粧水を温めます
⑤ 指の腹を使って、目の周りや口の周りなどの乾燥しやすい部分に化粧水をつけます

水状や液状、ミスト状など化粧水によってコットンを使用したほうが良いものもありますが、基本的には手で優しくなじませるほうが、刺激が少なく乾燥肌さんにはオススメです!

 

乾燥肌を改善するためにできることってあるの?

 

「もう悩みたくない!改善策があるなら教えて欲しい!」という方必見。
今すぐ見直る乾燥対策を見ていきましょう♪

 

クレンジングを見直す

 

お店でよく見かける“バッチリメイクでも簡単に落とせる”と言われているようなクレンジングやオイルクレンジングは、洗浄力も高く、必要な油分やセラミドなどの天然保湿成分まで洗い流してしまうこともあります。突っ張り感やお肌に異常がある場合は専門家に相談しましょう!

 

食事を見直す

 

食生活でも乾燥肌の原因になることがあります。お肌の潤いを保つためには、ビタミンAや鉄分が必要になりますが、それらが不足してしまうとお肌の潤い不足へと繋がってしまいます。

偏った食生活をしている場合には、普段の食事の中でビタミンAや鉄分を摂るように心掛けましょう。鉄分が多く含まれている食材は、レバーや牛肉、アサリ、マグロ、小松菜、ほうれん草、ヒジキなどです。毎日の食事からも乾燥肌ケアしていきましょう♪

 

乾燥肌対策のためにサロンができることは?

 

乾燥肌の原因は、人によってさまざまです。エステサロンであれば原因に応じて施術を受けることができます。
また、サロンにはお肌の専門家がいるので、生活習慣や生活リズムに合わせた改善方法を相談してみるのも良いでしょう。

 

まとめ

 

乾燥肌は、放っておくとセルフケアだけでは元のお肌の状態に戻らないことも…。
毎年乾燥肌で悩んでいる方は、乾燥肌が本格化する前に早めにサロンに相談してみると良いかもしれませんね。
自分にお肌に合った乾燥肌対策で、潤いのお肌を手に入れましょう☆

 

【取材にご協力いただいたエステサロン】
店舗名:La Brise(ラ・ブリーズ)
スタッフ: 高野さん
住所:東京都世田谷区奥沢7-4-11 クレスト自由が丘201 地図
受付時間:11:00~19:30

 

自由が丘のエステサロンを探す

 

※この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。

※掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。

メディア

楽天ビューティマガジン編集部

全国の美容室情報はもちろん、ヘアスタイル情報も豊富に探すことが出来る楽天ビューティの女性メディアです。外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。