【美容院で失敗!?】失敗する原因と失敗しない美容院の選びを代官山の美容師さんに取材しました!

代官山の美容室を探す

 

可愛くイメチェンしたくて美容院に行ったのに、自分が思い描いていたイメージ通りにならないで失敗しちゃった……という経験がある方もいるのではないでしょうか。
どうして失敗と感じてしまうのか、原因は何なのか、失敗しない美容院の選び方はあるのかなどを、代官山の美容院『FAM 代官山』の渡邊香織さんにお話をうかがいました。
前回髪型を失敗しちゃったという方はぜひ参考にして下さい。

 

 

美容院で「失敗した」と感じるのはどんなこと?

 

印象に大きな影響を与えるヘアスタイルは、男女問わずこだわりたいものですよね。
でも、施術が終わって鏡を見ると描いていたイメージと全く違う、髪の毛を切りすぎてしまった、パーマのかかりが悪いなどの『失敗』を苦い経験をした人も少なくないかと思います。

美容院で「失敗した」と感じた方は下記のような内容の方ではないでしょうか。

・見本で持ってきた髪型とイメージが違う
・オーダーどおりの仕上がりにならない
・パーマがかからない、カラーが明るすぎるor暗すぎる

上記を見て「あるある」と思った方もいると思います。
それではどうして、こんな『失敗』が起きてしまうのでしょうか。
美容院で失敗してしまう原因を紹介します。

 

失敗の原因とは?

 

美容院で『失敗』してしまう原因は、どんなものがあるのでしょうか。
渡邊さんにうかがいました。

 

なりたいイメージを共有する

 

美容院で失敗したと感じる原因のひとつに、お客様と美容師の間で『なりたい髪型』のイメージを共有できていないということが考えられます。
お客様が自分の『なりたい髪型』のイメージを共有する場合は、雑誌や画像などで美容師に見せるのが一番早くて確実です。
言葉だけの説明の場合ですと、お客様も髪の毛のプロではありませんし、美容師にしっかりと伝わらない危険性があるので避けた方がよいでしょう。

また、お客様のなかには女優さんやモデルの写真を見せることが恥ずかしいと感じる方もいらっしゃいます。
しかし、美容師はお客様の『なりたい髪形』をできる限り実現したいと思っている方がほとんどです。
できれば髪形だけではなく、ライフスタイルや好きな洋服尾テイストなども教えてもらえると、よりお客様の理想の髪型に近づけることができます。

 

パーマやカラーの仕上がりは髪の状態で変わる

 

『パーマのかかりが悪い』『パーマがすぐに取れた』『カラーがすぐに抜けてしまった』などの失敗をした方もいると思います。
これはお客様の髪質に合った施術をしていないことが原因に考えられます。

パーマに関しては髪の毛の硬さによってかかり具合が変わってきます。
髪の毛が柔らかいお客様に、硬い髪質の方とどうようの施術を行っても、すぐに取れてしまうことがあります。
また、髪の毛にダメージがある方もパーマがかかりにくくなることがあります。

カラーに関しても同様で、色が入りにくかったり、反対に入りすぎてしまうことがあります。

 

髪質によっては失敗しやすい髪型も

 

髪の毛のクセが強い髪質の方は、毛先が広がりやすいため、ショートヘアでは思い通りのイメージにならないことがあります。
このように髪質によって向き不向きの髪形があるため、雑誌でみた髪型とは必ずしも一致しないことがあります。
また、雑誌や画像の髪型はコテやホットカーラーなどで、しっかりとスタイリングしている場合が多いです。
担当の美容師に、自宅でどのようにしたら再現できるか、スタイリング方法を確認しましょう。

 

失敗を回避する、カウンセリングの重要性

 

失敗の理由を見てみると、お客様がイメージを伝えたり、美容師が髪の毛の状態をチェックするカウンセリングの時間がいかに重要なのかがわかります。
カウンセリングではどのようなことを重視したら失敗を避けることができるのか、渡邊さんにうかがってきました。

 

ダメージレベルのチェック

 

カウンセリングで大切な工程に、お客様の髪の毛の状態を確認するというものがあります。
『なりたい』髪型にもよりますが、パーマやカラーをする場合はどうしても髪の毛にダメージを与えてしまうため、元々ダメージを持っている髪の毛にはおすすめできない場合があるのです。
髪の毛にダメージがあったら施術はできないというわけではなく、ダメージに合わせてパーマ剤やカラー剤を選んだり、部分的に薬剤の種類を変えることなども美容師は判断しています。
ダメージが多い髪の毛は、パーマがかかりにくかったり、すぐに取れてしまったりすることがあるので、まずは髪の毛を健康な状態に戻す提案をすることも。

 

外国人モデルのような髪型にはできるの?

 

外国人モデルの髪型にしたいとオーダーをされるお客様もいらっしゃいます。
しかし、欧米人と日本人では髪質が違うため、完全に一緒のような髪型にするのは難しい場合があります。

外国人モデルのように、ブロンドのグラマラスな大きめのカールは、髪の毛のケラチンや脂質などが多い欧米人の髪の毛だからこそ可能な髪型なんです。
外国人モデルのような髪質は、髪の毛が細くて柔らかいのでふんわりとしやすいという特徴があります。

カウンセリング時に髪質を判断して、それに合わせた施術をすることで、お客様のイメージに近付けることができると思います。
骨格や髪の毛、肌の色などでも似合う髪形が変わってくるので、自分の似合う髪形が良く分からないという方は、担当の美容師に相談してみて下さい。

 

カットは段階を踏んで失敗を回避

 

イメチェンでロングヘアからショートヘアにバッサリと髪の毛を切る方もいると思います。
もしショートヘアにして、あんまり似合ってないって自分で思ってしまったらとても悲しいですよね。

もしロングヘアの方がショートヘアにする場合で、失敗をなくしたいと思っている方は徐々に短くすると良いでしょう。
ロングからミディアム、ミディアムからボブ、ボブからショートと少しずつイメージを変えることで、自分が求める髪形がわかってくることもあります。
もちろん、大胆なイメチェンをしたい場合は、髪質に合わせて施術してくれると思うので、美容師さんにカウンセリング時に伝えてみましょう。

 

なりたいヘアスタイルに導いてくれる、美容院の選び方

 

なりたいヘアスタイルはあるけれど、髪質や骨格、髪のダメージによっては再現性が難しいこともあることがわかりました。
では、数ある美容室のなかから、なりたいスタイルへと導いてくれる美容院を探すには、どんなことに注意したら良いのでしょう。

 

カウンセリング重視の美容院を選ぼう

 

信頼できる美容院のポイントに、カウンセリングに時間をかけている美容院があげられます。
お客様の『なりたい』を叶えるために、イメージを共有することに注力している美容師に、自分の大切な髪の毛を任せたくなりますよね。

美容師は髪の毛のプロフェッショナルで、お客様のオーダー通りにするだけではなく、魅力を最大限に引き出すことが仕事です。
お客様の顔立ちや好みのテイスト、骨格などを考えて髪形を提案してくれる美容院がおすすめ。
いくらオーダーされたからといって、髪の毛のダメージレベルを無視した施術をするような美容院は避けた方がよいでしょう。
傷んだ髪の毛を健康にしたり、修復するのも美容師の大切な仕事です。

 

自分の好みを押し付けないヘアサロン

 

オーダーした髪型が自分には向かないと説明されて納得しても、あまりにも自分のイメージとかけ離れた髪型を提案されてしまうと困ってしまうと思います。
美容院との相性があると思うので、相談を含めて話しやすかったり、趣味が合うなども美容師を選ぶポイントになると思います。

もちろん技術力は重要ですが、だからといって自分好みの髪型を押し付けてくるようでは、お客様のための施術とはいえません。
お客様の『なりたい』髪型と、美容師が持つ知識を合わせて、お互いが納得できる髪型を提案できる美容院が理想ではないでしょうか。

 

まとめ

 

美容院で失敗する原因は、カウンセリングの内容に大きく関係していることがわかりました。
雑誌やスマートフォンの画像などでなりたいイメージを的確に伝えた上で、プロである美容師に相談をするのが失敗を回避するコツ。
なんでも相談できる美容院と出会うことで、自分でも気が付かなかった魅力が引き出されることもあるかもしれません。
紹介したポイントを参考に、美容院を探してみてはいかが?

 

FAM 代官山の情報

FAM 代官山(ファム ダイカンヤマ)
  • 住所:東京都渋谷区猿楽町9-3 BARBIZON75 2F
  • 電話番号:050-3752-3187
  • 定休日:年中無休
  • 営業時間:月-金11:00-21:00/土日10:00-20:00

 

 

※この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。

※掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。

Categories: ヘア

メディア

楽天ビューティマガジン編集部

全国の美容室情報はもちろん、ヘアスタイル情報も豊富に探すことが出来る楽天ビューティの女性メディアです。外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。