【髪の毛をサラサラなストレートにしたい!】くせ毛や髪の毛の広がりをストレートにするおすすめの方法や種類、やり方をプロの美容師に取材しました!

銀座の美容室を探す

 

くせ毛だったり、髪の毛が広がってしまうと髪型も思い通りになりませんよね。
毎朝悲しい気持ちになっている方もいるのではないでしょうか。

今回は銀座にある美容室『BRIGHT』の代表TAKANOさんに、髪の毛をサラサラのストレートにする方法や種類などを聞いてきました。

 

 

髪の毛をストレートにしたい人が抱えている悩み

 

-髪の毛をストレートヘアにしたいと思っている方は、髪の毛にどんな悩みを抱えている方が多いですか?
TAKANO「主に多いのが、くせ毛だったり髪の毛が多かったりする悩みを抱えている方や、髪の毛が広がってしまう方が多いですね」

-それぞれ対処方法など変わってくるのでしょうか。
TAKANO「同じところもありますが、悩みの原因が違ってくるとその対処方法も変わってきますよ」

-くせ毛から対処方法を教えてください。
TAKANO「生まれながらのくせ毛の方を、ストレートにする場合は縮毛矯正をおすすめしています。チリチリになってしまった髪の毛を、おさまりやすくする目的があります」

-縮毛矯正をすることで、髪の毛にツヤ感も出すことができると聞いたことがあります。
TAKANO「くせ毛は髪の毛が波状になって細くなっている状態です。この状態では、髪の毛の傷みやゴワゴワが目立ってしまうんです。縮毛矯正をして、それらを改善することで、髪の毛にツヤ感を出すことも可能ですよ」

-髪の毛が多い場合はどう対処したらよいでしょうか?
TAKANO「毛量が多くみえる場合は色々な可能性があります。くせ毛が原因で毛量が多く見えてしまっている場合は、先ほどの対処方法で大丈夫だと思います。それ以外に髪の毛が傷んでいる場合や、ヘアスタイルのせいで髪の毛が多く見えてしまう場合もあります」

-ヘアスタイルでも髪の毛が多く見えてしまうことがあるんですね。
TAKANO「はい。そういう場合は美容師に『ボリュームダウンしてもらいたい』っていうだけで、髪の毛の毛量調節をしてくれると思いますよ。それにピッタリの髪型にしてくれるはずです」

-傷んでしまっている場合はどうですか?
TAKANO「トリートメントなどを使用して、髪の毛をケアしてあげることが考えられます。毛量調節にしても、トリートメントによるケアにしてもずっと効果が続くものではないので、継続的にケアを行う必要があります」

-髪の毛が広がってしまう原因と対処方法はどんなものがありますか?
TAKANO「髪の毛が膨張してしまう原因は、波状と呼ばれている髪の毛のクセが原因だと思います。それに加えて、髪の毛内部の水分量が減っていて乾燥している状態なので、膨張してしまっているという特徴があります」

-クセの他にも髪の毛の乾燥もあるんですね。
TAKANO「多くの人がこの二つの悩みを持っていますね。こういう悩みを抱えている方は、通常のパーマと相性が良くないため、パーマをかけるとより広がってしまうので注意が必要です。ですが、絶対にパーマができないということではありません。髪の毛のダメージにもよりますが、縮毛矯正とパーマを組み合わせる方法などもあります。理想の髪型にするためにも、髪の毛のケアはとても大切です」

 

髪の毛をストレートにする方法

 

-髪の毛をストレートにする場合、縮毛矯正が効果的だと言っていましたが、実際にはどういうメニューなんですか?
TAKANO「縮毛矯正は生まれ持った強いくせ毛でも、サラサラのストレートヘアにすることができるメニューです。通常のパーマやカラーと同様に薬剤を使用するのですが、他に熱処理を加えて髪の毛をストレートに矯正します」

-縮毛矯正はクセも直すことができるんですね! 他にストレートパーマという同じような目的のメニューがあると思いますが、この二つの違いは何ですか?
TAKANO「縮毛矯正とストレートパーマは、髪の毛をストレートにするという目的は一緒なんですが、効果が全然違うんです。縮毛矯正は強いクセ毛も対応できますが、ストレートパーマにはそこまでの力はありません。ストレートパーマは、ゆるいクセや美容院でかけたパーマをストレートにするくらいだと思ってもらえたら良いと思います。実際にどっちの方が自分の髪の毛に合っているか、美容師に相談してみてください」

-縮毛矯正をかける場合に注意点はありますか?
TAKANO「やはり髪の毛のダメージですね。縮毛矯正は髪の毛に熱を直接加える施術なので、与えるダメージが結構大きいんです。すでに髪の毛にダメージを受けてしまっている方は、縮毛矯正をお断りする美容院もあるくらいです」

-ダメージがある状態で縮毛矯正をすると、どうなってしまうんですか?
TAKANO「最悪の場合ですが、熱によるダメージで髪の毛がよりチリチリになってしまうことがあります。そうならないために、縮毛矯正をお断りをする美容院があります」

-縮毛矯正は熱でダメージを与えてしまうとのことですが、ダメージを避けることはできないんですか?
TAKANO「100%ダメージを与えないということは難しいですが、軽減することはできます。最近は薬剤も進化していますし、縮毛矯正をする前にトリートメントで前処理を行うと、髪の毛をコーティングして熱から守ってくれます。もちろん、施術後にトリートメントしてケアを行うことで、より髪の毛をケアすることができます」

 

自宅でストレートヘアを持続させる髪の毛のケア

 

-ストレートヘアを持続させるために、自宅でできるケアの方法はありますか?
TAKANO「シャンプーやトリートメントの種類や、髪の毛の洗い方や乾かし方などでも変わってきますよ!」

-ではおすすめのシャンプーから教えてください。
TAKANO「クセ毛の方は、髪の毛の内部の水分バランスを保てるような、タンパク質を補うタイプのシャンプーがおすすめです。最近流行っているノンシリコンやオーガニックなどのシャンプーは、髪の毛に残った化学物質や頭皮に残った脂や汚れを除去することがメインになります。このように除去するタイプのシャンプーを使用すると、余計に髪の毛が乾燥してしまい、クセがですぎてしまうこともあるので注意が必要です」

-自分の髪の毛に合ったシャンプーを使う必要があるんですね! トリートメントもシャンプーと一緒でしょうか?
TAKANO「そうですね。トリートメントもタンパク質を補充できるものがおすすめです。こちらを使うと髪の毛が肥えるので、クセがでにくくなるといった特徴があります」

-ストレートヘアを持続するためには、タンパク質が重要なんですね!
TAKANO「ただし、人によって髪の毛の状態はさまざまなので、全員がそうとは言い切れません。カラーやパーマをしていたり、年齢の違いなどがあるためです。シャンプーやトリートメントは自分の髪の毛の状態や、悩みなどを美容師に相談することで、自分にぴったりのものを紹介してくれると思いますよ」

-次は髪の毛の洗い方について教えてください。
TAKANO「まずはシャンプーをつける前にお湯でしっかりと髪の毛を洗いましょう。そうすることで、シャンプーの泡立ちが変わってくるんです。頭皮を洗うときは、爪で頭皮を傷付けないように、指の腹で優しく揉みこむように洗うのもポイントです。そして、地肌から毛先に指を通すように洗うことで、髪の毛に付着した汚れを落とすことができます」

-頭皮を中心に洗うんですね!
TAKANO「そうなんです。結構勘違いしている方も多いのですが、シャンプーは髪の毛を洗うというよりも、頭皮のつまりなどを取ってあげることが大切になります。健康的な髪の毛がはえてくるためにも、頭皮を健康的にさせることが重要なんですよ」

-乾かし方のコツを教えてください。
TAKANO「髪の毛も地肌から乾かすことを心掛けてください。髪の毛の表面だけを乾かすのではなく、地肌を乾かすことでダメージを与えないようにすることができるんです。一番やってはいけないことは、髪の毛が濡れた状態のままで寝てしまうことです。濡れた髪の毛は、ダメージを与えやすくしてしまう状態なので、お風呂からあがったらすぐに髪の毛を乾かすようにしましょう」

-お風呂上りに、洗い流さないトリートメントをするのも効果的ですか?
TAKANO「効果ありますよ! 髪の毛を乾かす前に洗い流さないトリートメントをつけることをおすすめします。使用する洗い流さないトリートメントは、表面をコーディングするものではなく、内部浸透系のトリートメントを選ぶようにしましょう。表面をコーティングするタイプだと、栄養や水分が中に浸透しにくくなってしまい、髪の毛内部のダメージをケアすることができなくなってしまうんです」

 

まとめ

 

サラサラのストレートヘアにするためには、その人が抱えている悩みを解決してあげるために、縮毛矯正やストレートパーマなど、その人にぴったりの施術をしてあげるのと、自宅でのヘアケアも大切になることが分かりました。
どんなシャンプーやトリートメントを使うかは、人によって違うので、担当の美容師さんに相談してみてください。
毎朝のスタイリングが楽しみになるくらいの、サラサラストレートヘアを手に入れちゃってください♪

 

BRIGHTの店舗情報

BRIGHT(ブライト)
  • 住所:東京都中央区銀座6-12-17 片桐ビル7F
  • 電話番号:050-3752-6268
  • 定休日:火曜日
  • 営業時間:平日11:00~22:00/土11:00~21:00/日祝11:00~20:00

 

 

※この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。

※掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。

Categories: ヘア
Tags: 銀座 , 取材 , 東京都

メディア

楽天ビューティマガジン編集部

全国の美容室情報はもちろん、ヘアスタイル情報も豊富に探すことが出来る楽天ビューティの女性メディアです。外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。