縮毛矯正をした後にヘアアイロンやコテって使っても大丈夫? ちょっとした疑問を銀座の現役美容師に教えてもらいました

銀座の美容室を探す

 

縮毛矯正をしてサラサラのストレートヘアになったら、次はヘアアイロンやコテを使ってアレンジしたくなりますよね!
でも、ヘアアイロンやコテを使うと縮毛矯正が取れたりしないか、髪の毛が傷んでしまわないか心配なことも……。

今回はそんな悩みを解消するために、銀座にある美容院『VISAGE 銀座』の店長・木村崇之さんに縮毛矯正の基本から、ヘアアイロンやコテを使うときの注意点などを聞いてきました!

 

 

縮毛矯正をするとどういう効果があるの?

 

-縮毛矯正とはなんですか?
木村「お薬を使って髪の毛を軟化させて、熱でクセを伸ばすメニューです。」

-縮毛矯正にも種類はありますか?
木村「そうですね。髪質や求めるデザインによって変えていくようにはなります。最近は、ナチュラルな感じに仕上げたい方が増えているので、低温縮毛矯正が出てきているみたいですね」

-通常の縮毛矯正と違う点を教えてください。
木村「薬剤に大きな違いはありませんが、工程で違いを出すために、ブローだけで仕上げる縮毛矯正も出てきています。水素結合を利用して、アイロンを入れずにブローでより自然に仕上げるんですよ」

-ストレートパーマとの違いは?
木村「ストレートパーマは、縮毛矯正とは違いアイロンを使わずに施術を行います。仕上がりに関しても、縮毛矯正のように長期間ストレートヘアにはなりません」

-なるほど。ストレートパーマと縮毛矯正でおすすめする髪質を教えてください。
木村「強いクセで、根元から細かにうねっている方だと、ストレートパーマでは伸びない可能性があるので、縮毛矯正の方がいいかもしれませんね。ほんのりクセがあって、少し落ち着かせたい方はストレートパーマの方がいいです。髪の毛が細いか太いかはあまり関係なく、求めるデザインによって縮毛矯正になるのかストレートパーマになるのかをご提案させていただいています。ダメージについては、薬剤の強さやアイロンの温度などで対応するようにしていますよ」

 

縮毛矯正のデメリットは?

 

-縮毛矯正をすると髪の毛にダメージを与えてしまうと聞いたことがあります。
木村「そのとおりです。縮毛矯正は手触りがとてもよくなるんですが、髪の毛の内部は結構ダメージを受けている状態になります。一度受けてしまったダメージは元には戻らないので、カラーを入れるときに発色が変わることがあるんです。たとえば、縮毛矯正をしている状態でカラーをしてしまうと、縮毛矯正をした部分だけにごってしまうこともあります」

-縮毛矯正で失敗事例などはあるんでしょうか?
木村「過去に縮毛矯正をしている状態で、再度縮毛矯正をし、髪の毛がチリチリになってしまうことがあったようです」

-髪の毛をサラサラにしたかったのにチリチリなるのは悲しいですね。
木村「こういったトラブルが起きた場合、基本的には切るしかないですね。酷いダメージを受けてチリチリになった場合は、ケアですぐにどうにかなるということではないです。どうしても切るのに抵抗がある場合は、長い目で見てケアしていくしかないですね」

 

縮毛矯正の持ちについて

 

-縮毛矯正の持ちは平均的にどれくらいですか?
木村「縮毛矯正を施術したところは、ずっとある程度は残ります。でも、根元が伸びてきてうねってくると、そのうねりに毛先が引っ張られて縮毛矯正が取れてしまったように感じるんですよね。クセが強い方は、1~2ヶ月程度でほんのりとクセが出てくることもありますが、それ以外の方は1回縮毛矯正したところはかなり長い期間持ちますよ」

-長持ちさせるためには、自宅ではどんなケアをしたら良いですか?
木村「ヒートプロテクト系のトリートメントを使うことですかね。シャンプーなどには、ヒートプロテクト系はないと思うので、乾燥ケアのものを選ぶといいかと思います。縮毛矯正をすると、時間とともにどうしても髪の毛が乾燥してパサパサになったり、硬くなったりしてしまうので、保湿力の高いシャンプーやトリートメントがおすすめですね」

-美容院でやっているケア方法はありますか?
木村「サロントリートメントはなるべくするようにした方がいいと思いますね。自宅でケアするよりも、しっかりとケアできますし、サロンに行くたびにトリートメントをすれば縮毛矯正の持ちも良くなりますし、手触りも良くなるんです」

-美容院で取り扱っているトリートメントでおすすめなどありますか?
木村「縮毛矯正をした方には、ハホニコさんのラメラメがおすすめですね。保湿をしっかりとしてくれて、手触りがかなりよくなるので、販売している店舗もありますよ。とは言え、髪質によって使うトリートメントが違ってくるので、髪質に合わせられるように、たくさんの種類のトリートメントを取り扱っていて、美容師がお客様の髪質を見て選んでいます」

-自宅でも髪の毛をストレートにすることはできますか?
木村「できないことはないと思います。ストレートパーマ剤なども市販されているので。ただ、アイロン以外で髪の毛をストレートにするには、かなりの技術が必要になるんですよ。技術のないまま、薬剤を使ってストレートにしてしまうと、髪の毛がチリチリになってしまうこともあるんです。だから、僕は自宅での施術はおすすめできませんね」

-髪を艶サラストレートにするために、今後流行りそうなものはありますか?
木村「ストレート系に限るのなら、今はまっすぐすぎないナチュラルなストレートを好む方が多いので、縮毛矯正でつくる自然な内巻きとか流行るんじゃないでしょうか?ただ手で乾かすだけで内巻きになるので、扱いやすくなりますからね」

 

縮毛矯正後のヘアアイロンはOK?

 

-縮毛矯正後にアイロンを使用することはできますか?
木村「高温で長時間アイロンをあててしまうのはNGですが、縮毛矯正をしたからといって、アイロンを使うのがダメということはありません。でも、日常的にアイロンを使用してしまうと髪の毛がダメージを受けてしまうので、施術するときには、アイロンを使用しなくてもいいようなスタイルをご提案させていただいています」

-縮毛矯正+アイロンで、髪にはどれくらいの負荷がかかっているのですか?
木村「しっかりと使い方を守っていればそれ程問題はありませんが、高温で長時間あてたり日常的にアイロンをしていたりすると、どんどん乾燥してダメージが大きくなってしまうこともあります」

-どんなヘアアイロンでも使用できますか?
木村「そうですね。特に問題はありませんが、熱の伝わり方が弱いものだと、縮毛矯正した後にアイロンをあてても形がつきにくくなってしまいます。安価なものは熱の伝導力が弱いものが多いので、なかなか形がつかないかもしれませんね」

-熱の伝導力が弱いアイロンを長時間髪にあててしまうのはやはりNGでしょうか?
木村「それは、ダメージが出やすくなってしまいますね。低温で何秒もアイロンをあててしまうのなら、高温でサッとアイロンをかけた方がダメージが少ないです」

-カールの持ちは縮毛矯正をかけている人とかけていない人とでは、どの程度差が出るのでしょうか?
木村「髪質にもよりますが、硬くて太い髪質の方は本当に持ちが悪いですね。柔くて細い髪質の方は、多少はカールが持つと思います」

-ヘアアイロンを使用する上で、注意することはありますか?
木村「今は、ヒートプロテクト系のトリートメントが出ているので、使ってあげた方が髪の毛には優しいですね。熱から髪の毛を守るタイプのものや、熱に反応して髪の毛をケアしていくタイプのものなど、熱に特化したものがたくさん出ているので、なるべく使うようにした方がいいかもしれません」

-ヘアアイロンの上手な使い方を教えてください。
木村「自宅でヘアアイロンを使うときには、しっかりと髪の毛を乾かしてから使うことがポイントですかね。あとは、熱の伝わり方を均一にするために、髪の毛をクシでとかしておくことが大切ですね。このふたつを守ってヘアアイロンをかければいいと思いますよ」

 

縮毛矯正やヘアアイロンをした後にコテを使っても大丈夫?

 

-縮毛矯正やアイロンをした後にコテで巻き髪にしてもいいですか?
木村「コテを使用するのは全然かまいません。しかし形がつきにくくなったり、持ちが悪かったりする可能性があります」

-そうなんですね。
木村「もしコテを使ってカール感を出したい場合は、毛先まで縮毛矯正をしなくてもよいかもしれません。たとえば、根元の部分だけや顔周り、ボリュームが気になるハチ回りをポイントで縮毛矯正をかけることも可能です。縮毛矯正がかかっていない部分でしたら、コテで巻くことはもちろんデジタルパーマをかけたりもできてデザインに幅が広がると思いますよ」

-それは女の子にとって嬉しいですね!
木村「事前に縮毛矯正をかけた後のことを美容師に相談すれば色々な提案をしてくれると思いますよ」

 

まとめ

 

縮毛矯正の仕組みから注意点、ケアの方法にプラスして、ヘアアイロンやコテを使うときのポイントまで教えてもらいました。
縮毛矯正でストレートヘアにするだけではなく、その後にどういうヘアスタイルを楽しみたいかにもよって、全体に縮毛矯正をかけるのか部分的にかけるのかなどを決められるのは嬉しいですね!
せっかくキレイなサラサラストレートヘアになるんですから、もっと髪型を楽しみたいですよね♪
クセ毛で悩んでいる方はぜひ美容師に相談してみてください。

 

VISAGE 銀座
  • 住所: 東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス 6F
  • 電話番号:050-3759-7028
  • 定休日:火曜日
  • 営業時間:11:00~21:00/土・日10:00~

 

 

※この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。

※掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。

Categories: ヘア

メディア

楽天ビューティマガジン編集部

全国の美容室情報はもちろん、ヘアスタイル情報も豊富に探すことが出来る楽天ビューティの女性メディアです。外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。