Raku Lab通信

【パーマの後にトリートメントってあり?】メリットや気をつけることを現役美容師に取材してきました!

【パーマの後にトリートメントってあり?】メリットや気をつけることを現役美容師に取材してきました!

美容院でパーマをかけると、よく「トリートメントどうされますか」と聞かれますよね?
『トリートメント=髪をさらさらにする』と思っていたけど、実際パーマ後のトリートメントは、どんなメリットがあるのでしょうか?
また、かけたパーマをきれいに維持するためにはどうしたら良いのでしょうか?
今回、LUCK HAIRの鬼頭保店長にお話を伺いました。

CONTENTS目次

パーマトリートメントをすすめる理由

パーマをかける前に、髪の毛に何か液体を塗布しますよね。
その液体は、髪の毛にカールを付けるための薬剤です。
この薬剤をパーマ液といい、これが髪の毛の内部まで浸透することで、髪の毛にカールを付けることができます。

ただパーマ液を塗布すると、髪の毛を保護するキューティクルが傷んでしまう可能性があります。
髪の毛のダメージを保護する役割で、トリートメントがすすめられることがあります。

髪へのダメージに合わせてトリートメントを選ぶ

髪の毛への負担を減らすために、パーマ液の中にトリートメントオイルが含まれているものもあります。
髪の毛のダメージに合わせて、パーマ剤やトリートメントを選ぶことで、髪の毛を修復しながらパーマをかけることができます。

髪の毛の傷みが酷いと、せっかくのパーマもかかりづらくなるので、髪の毛の状態をしっかり把握して、カウンセリングすることが重要です。

パーマトリートメントは髪を傷めるって本当?

ダメージの原因を把握せず、トリートメントを使うと髪の毛を傷めてしまう可能性があります。
トリートメントの使用で一番重要なのは、ダメージの原因を正すことです。

【代表的な髪の毛へのダメージ】
・カラーやパーマの頻度
・紫外線
・乾燥

このように髪の毛のダメージには、さまざまな要因が考えられます。
まずは、髪の毛に与えるダメージの要因を改善し、ダメージにあったトリートメント剤を正しく使うことが大切です。

パーマトリートメントは、美容院&自宅での両ケアがオススメ

パーマの後に美容院でトリートメントをしても、効果を長く持続させたいですよね。

美容院によっては、スチームを使ってトリートメント剤を、より深く髪の毛の内部に浸透させるケアを行ってくれます。
しかし自宅では、こうしたケアはなかなか難しいもの。
キレイな髪の毛を持続させる為にも、週に1~2回の自宅でのケアを心がけることも大切です。

パーマトリートメントのホームケアのポイント

バスルームでパーマトリートメントを使用する場合のポイントを説明します。
正しく使うことで、より効果的なヘアケアを行いましょう。

①シャンプー後、髪の毛の水気をしっかり切ってから毛束の中間から毛先に向けて、揉みこむように塗布する。
※トリートメント剤が地肌についてしまうと、かゆみや炎症の原因になる恐れがあるので、地肌についたらしっかり洗い落としましょう。

②タオルやシャワーキャップで髪の毛全体を包み、3~4分時間を置く。
※トリートメントの種類によって放置時間は異なるので、裏面の使用方法を読んで、時間を確認しましょう。

③所定の時間になったら、なめらかさが残る程度になるまでお湯で洗い流す。
※もし、髪がキシキシするようなら流しすぎです。
せっかくのトリートメント効果が半減してしまうので流しすぎは気をつけましょう。

パーマを長持ちさせるコツ

パーマは一般的に、24~48時間で形が定着するといわれています。
パーマをかけた当日はシャンプーをせずに、翌日の夜までシャンプーを控えることをオススメします。
パーマをかけた翌日の早朝でも良いですが、時間は長く空けたほうが確実です。

またブラシで髪の毛をとかしすぎないことも、パーマを長持ちさせるコツです。
目の細かいブラシやコームは、カールが伸びてしまい、パーマの持ちが短くなります。

どうしても髪のひっかかりが気になるときは、手ぐしや目の洗いコームで軽くとかす程度にしましょう。

まとめ

髪の毛が傷んでいるのにパーマをかけたり、家でのヘアケアを怠ると、パーマを美しく保つことができません。
パーマをかける際は、信頼できる美容院のスタッフに、髪の毛の状態をチェックしてもらい、髪の毛に合ったパーマトリートメントを選んでもらうことも大切です。

ダメージレベルによっては、パーマをかけるよりも、髪の毛の修復が優先されることもあります。
毎日のホームケアと、しっかりしたサロンケアで美髪を目指しましょう。

SALON INFOサロン情報

LUCK HAIR(ラックヘアー)

住所:東京都渋谷区鉢山町14-4

  • この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。
    掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。
  • 掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。
    掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。
CATEGORY :ヘア

MEDIAメディア情報

  • Raku Lab
  • Raku Lab通信編集部

    すべての女性の「キレイ」をあと押しするコンテンツを配信するメディア「Raku Lab(ラクラボ)」の編集部です★外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。