Raku Lab通信

初心者必見! 失敗しないメンズの髪型の頼み方

初心者必見! 失敗しないメンズの髪型の頼み方

今はメンズも美容院やヘアサロンに行くことが当たり前の世の中。しかし、美容師に自分のなりたいイメージを伝えるのはヘアサロン初心者にとってはなかなか難しいものですね。ここではイメージを上手に伝えるための頼み方を紹介します。

どんな頼み方をすると気に入った仕上がりになる?

どんな頼み方をすると気に入った仕上がりになる?

雑誌や写真を持参して具体的なイメージを伝えよう
メンズもレディースもオーダーするときになりたい髪型の写真や切り抜きを持っていくのは定番の手段。カットやパーマの種類をよく知らなくても、美容師になりたいイメージを伝えることができるでしょう。
「モデルとは顔が違うし…。」と恥ずかしがる人もいますが、具体的なイメージを伝えてくれる人の方が美容師にとってはうれしいものです。

口頭で髪型の条件を伝えてみよう
なりたいイメージの画像が見つからない、ヘアスタイルについては詳しいという人は口頭でなりたいイメージを伝えてみましょう。
自分の髪質や顔の形の悩みなどを織り交ぜて伝えると、美容師もどんな風に仕上げていけばいいのか想像することができます。
ただし「クシャって感じで」とか「抜け感を出して」など擬音や雰囲気言葉を多用すると、仕上がりが違ってくることがあるので注意しましょう。

思い切って美容師にお任せしてみよう
自分に似合う髪型がわからない、いつも同じようなヘアスタイルでマンネリを感じているという人は思い切って担当の美容師さんにお任せしてみましょう。
ヘアスタイルに熟知している美容師の手にかかれば、新しい自分の魅力に気がつくことができるのかもしれません。
新人スタイリストに当たると不安だという人は、予約の際にトップスタイリストや信頼することができそうなスタイリストを指名しておくことがおすすめ。指名料は発生しますが、安心して施術に当たることができますね。

美容師に頼むときの注意点とは

美容師に頼むときの注意点とは

ある程度の融通はきかせるようにしよう
「この髪型にしたい」と決めてオーダーしたものの「髪質が合わないからできない」とやんわり断られることもあります。
できる限り近いイメージを美容師は提案してくれるはずなので、あまり頑なにならずにアドバイスをきいてみるようにしましょう。
美容院に行ってあまりに無理を押し通すと、かえって理想のイメージとは違う完成形になってしまうことがあります。

おまかせでも最低限の希望は伝えるようにしましょう
美容師にお任せしたいというときでも、本当にどんな髪型にされても構わないという人は多くはないでしょう。
学校や会社の規則で染髪や長髪はダメということもありますね。
「長さはこれくらいにしてほしい」「カラートーンはここまでOK」など最低限のラインは伝えておくようにしましょう。
美容師もある程度のラインを決めてもらえると施術しやすいはずです。


いつも同じような方法でオーダーしている人も、たまには変えてみると美容師にもなりたいイメージが強く伝わって、新しいヘアスタイルに出会うことができるのかもしれません。マンネリを感じている人やイメチェンをしたいと思っている人はぜひチャレンジしてみましょう。

  • この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。
    掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。
  • 掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。
    掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。
CATEGORY :メンズ
TAG : #HOW TO

MEDIAメディア情報

  • Raku Lab
  • Raku Lab通信編集部

    すべての女性の「キレイ」をあと押しするコンテンツを配信するメディア「Raku Lab(ラクラボ)」の編集部です★外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。