Raku Lab通信

お客様との意識の共有が大切 仙台の美容院『Natural 仙台店』村上寛人さんインタビュー

お客様との意識の共有が大切 仙台の美容院『Natural 仙台店』村上寛人さんインタビュー

楽天ビューティーアワードで3位入賞をした『Natural 仙台店』スタイリストの村上さんのインタビューです。
美容師になったきっかけから、どのようにお客様と向き合って施術をしているのか、楽天ビューティーアワードに選ばれた理由の分析まで幅広くお話を伺いました。

CONTENTS目次

トレンドをキャッチするために関東の美容院へ

-美容師になろうと思ったきっかけはなんでしたか?

中学生の頃から髪の毛のセットが好きだったのが原点だと思います。
ですがそのときは、美容師になろうって思っていませんでした。
実際に美容師になろうと考え始めたのは、部活でやっていたバレーボールを辞めたときです。
バレーを辞めて、これからどうしようと思ったときに、セットするのが好きだったということもあり、美容師になろうと決めました。
それから高校を卒業して、仙台にある美容専門学校に入学した感じです。

-美容学校ではどのようなことを学んだのでしょうか?

美容師になるための勉強はもちろんですが、学校でヘアショーやコンテンツなどもありました。
ヘアショーは、スタイリングをする人やメイクをする人、衣装のスタイリングをする人と役割が分かれていて、私はモデルとして出演をしました。
みんなと一緒になって一つのショーを作ったりするのが初めてだったので、とても楽しかったことを今でも覚えています。

-卒業後はどこの美容院に就職をされましたか?

関東圏内に複数出店している美容院に就職しました。
私が20歳くらいの頃は、SNSが今のように流行していなかったので、最新のトレンド情報をキャッチするには関東に行くしかないと思ったんです。
私が働くことになったのは、神奈川の座間にある店舗でした。
本当は東京で働きたいと思っていて、実際に希望配属店舗も全て東京にあるところを選んだんですが、その希望は通ることがありませんでしたね。笑

全員がやってやろうという気持ちを持っている

-本当は東京が良かったということですが、神奈川で始まった生活はどうでしたか?

当時はなんで東京じゃなかったんだろう?って思いましたが、今となっては神奈川で良かったと思っています。
私自身が田舎の出身なので、あまりに都会すぎても住みずらかったと思うんですよね。
その点神奈川は、都会も田舎も良いバランスであったのでとても生活がしやすかったです。

-その美容院ではどれくらい働いてたんですか?

4年くらいですね。
スタイリストデビューはしていたんですが、子供が保育園に入園するくらいのタイミングで、これからの生活のことを考えて地元の仙台に戻ることにしました。
やっぱり子育てをするにあたって、頼れる家族が近くにいた方が良いなと思ったんです。

-そういう理由で転職をされたんですね! 2店舗目はどのような美容院だったのでしょうか?

宮城県内に複数の店舗展開をしていて、社員が100人くらいいるような大型美容院で、会社全体での講習会や、勉強会が定期的に行われていました。
さらに店舗内でも意識が高く、月に1かいはみんなで集まったり、閉店後にみんなで練習会や情報共有が積極的に行われていてとてもお勉強になることが多かったです。

-どれくらいの期間この美容院に在籍されてたんですか?

ここも4年くらいですね。
スタイリストとして転職していたんですが、待遇面があまり良くなかったのが悩みだったんです。
その悩みを知り合いの美容院オーナーに相談していたら、「じゃあうちで働いてみる?」と言ってくださったので転職することにしたんです。
次の美容院はカットはもちろん、まつエクやリラクゼーションも施術できるトータルビューティーサロンでした。
特に美髪を謳っていて、ヘアケアに特化していましたね。

-2店舗目では技術や知識、3店舗目ではヘアケアについて学ばれたんですね!

そうなりますね。
ヘアケアに関する知識は、そのときたくさん学ばせて頂きました。
ですが、当時から私が考えていた目標で、「自分のお店を持つ」というのがあったんです。
この美容院にずっと働いていても、その目標を叶えることはできないってずっとモヤモヤしていました。

-お店を持つことが目標だったんですね! それもあって3度目の転職を決意されたんでしょうか?

お店を持つためにはどうしたら良いのかって、自分なりにロードマップを作成してみたんです。
そうなるとやっぱり今の環境のままでは難しいと感じ、転職することを決めたんです。
そのタイミングくらいで、フリーランスで美容師をしている友達から意見を色々と聞いて、業務委託系の美容院に興味を持つようになりました。

-数ある業務委託サロンの中でもNaturalを選んだ理由と、転職時期を教えてください。

2020年6月末にNaturalに入社しました。
面接も6月だったんですが、そのときに私が求めていたものを、Naturalなら全て手に入れられるとわかったんです。
価格がリーズナブルだったのに、薬剤にとても拘って種類を豊富に取り揃えていたので、信頼できる美容院だと思いました。
オープンして間もないので美容院の環境はもちろんですし、店内の雰囲気もとても良かったんですよね。

-入社してどのようなことを他のスタッフから求められていると思いましたか?

Natural仙台店の中では私が最年長で、美容師の経験も一番長いんです。
なので、最年長美容師としての今まで学んできた技術や接客を共有して、店舗の質を高めることを期待されています。
営業後だけではなく、営業時間中でも少しの時間があったらウィッグを使って練習をしたりしています。
他にもキレイなヘアカラーのお客様がいたら、どのようなレシピで調合をしたのか、カールがキレイなパーマスタイルのお客様がいたら、どのように巻いたのかというのをスタッフ同士で積極的に共有するようにしています。

-今までの美容院でも、積極的に情報の共有をされていたんですか?

こんなにも情報を共有するようになったのは、Naturalに入ってからですね。
オープンしたばかりでまだまだ発展途上な店舗なので、みんなでやってやろうという空気があるんです。

ショートヘアにしたい方は必ず可愛くします

-Naturalに移って村上さんの中で変化はありましたか?

自分の技術力をもっと向上させる必要があると感じました。
これは、スタッフ間で色々と情報を共有しているからこそ改めて気付かされたことです。
例えば過去の私と一番違うのは、施術スピードです。
今までは、ゆっくり丁寧に施術をするのが良いと思っていましたが、今は価値観が変わっていて出来る限り早く施術を終わらせてあげる努力をしています。
施術を早く終わらせてあげることで、お客様は美容院の滞在時間を減らすことができ、その分自由な時間を増やすことが出来るので、美容院に居続けることでのストレスを軽減させることができているかなと思っています。

-お客様の層に変化はありましたか?

やはり仙台市の中心にある美容院なので、20代の女性が増えましたね。
今までは郊外になったので、40代のお客様が多かったんです。
必然的に求められる技術も変わってきたので、最初はちょっと苦戦する時もありました。
ですが、求められるニーズにしっかりと答えられるように流行のデザインなどの勉強をたくさんするようにしたんです。

-村上さんの得意としている年代やスタイルはありますか?

20代後半から30代女性へのスタイル提案を得意としています。
その中でもショートカットは、私の武器になっています。
カットが元々好きだったということもありますが、デザインの幅を広げることができますし、切り終わった後の変化が大きいのでお客様にも楽しんでもらえていると思います。

-ショートにするか悩んでいるお客様にはどのような接客をされているのでしょうか?

髪の毛は切ってしまったら元に戻すことができないので、お客様がまだショートにするか決めかねている状態ではカットしないようにしています。
お客様が「ショートにしたい!」って思ったタイミングで切るのが、絶対に幸せになると思うんです。
ミディアムやロングからショートにするのは、とても勇気が必要なことだと思います。
なので、決意をしてショートにしたいと思っているお客様には、カットする前に必ず「可愛くしますね」と伝えるようにしています。

あとは、ヘアカラーがとても好きです。
理由はショートカットと同じなんですが、カラーをしたことで以前との印象が大きく変化するんですよね。
特にダーク系のカラーリングだけど、透明感や艶感がキレイなヘアカラーを得意としています。

ショートヘアといえば、というブランディングが成功した

-楽天ビューティーアワードに入賞した感想を教えてください。

今までコンテストなどにチャレンジしたことはありましたが、賞をもらえたことがなかったのでとても嬉しかったです。
ですが、1位と2位が同じ店舗のスタッフなので悔しいという思いも同時にありました。
来年は私が1位になって、またNaturalで上位独占したいですね。

-お客様からどういうところが指示されたと思いますか?

ショートヘアを得意にしているということを前面に打ち出すようにしています。
なので私を新規指名してくださるほとんどのお客様が、ショートヘアにしたいという方です。
この結果はセルフブランディングがしっかりと出来ていたからだと考えています。

あとは、カウンセリングにとても力を入れています。
Naturalは新しく出来た美容院なので、お客様のほとんどが新規来店者の方々です。
なので、お客様のことを知るためにもカウンセリングって大切だと感じています。

-カウンセリングへの取り組みを教えてください。

まずお客様の第一声で、どのようなタイプの方なのかを判断するように意識しています。
例えばテンションが高めのお客様の場合は、私も同じくらいのテンションで話すようにしていますし、落ち着いているお客様の場合は、私もトーンを落としてゆっくりとお話しするようにしています。

あとは、仕上がりイメージの共有をちゃんとするようにしています。
カラーリングでしたら、カラーチャートを使用して仕上がりの色味をお互いに確認をします。
また、カットにしてもお客様から「3cm切ってください」と言われた場合は、「それでしたら、肩くらいまでカットする形で良いですか?」とお客様がイメージしやすいように返答をするようにしています。
これは私だけではなく、Naturalでしたらスタッフ全員が心掛けている部分になります。

まとめ

目標に向かって、前進し続ける村上さんからお話を伺いました。
しっかりと目の前のお客様に向き合って、カウンセリングから仕上がりまで満足してもらえる仕組みを作っているからこそ、約6ヶ月という期間にも関わらず楽天ビューティーアワードの3位に入ることが出来たんだとうと感じました。
ショートヘアは、信頼できる人にお願いをしたいと思っている方は、ぜひ村上さんに相談へ行ってみてはいかがでしょうか。

SALON INFOサロン情報

【全席半個室サロン】Natural 仙台店(ナチュラル センダイテン)

住所: 宮城県仙台市青葉区中央2-10-3 第2MTビル5F
電話番号:050-2019-6545

楽天ビューティアワード2021 仙台
  • この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。
    掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。
  • 掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。
    掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。
CATEGORY :ヘア

MEDIAメディア情報

  • Raku Lab
  • Raku Lab通信編集部

    すべての女性の「キレイ」をあと押しするコンテンツを配信するメディア「Raku Lab(ラクラボ)」の編集部です★外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。