Raku Lab通信

お客様に満足してもらうために技術を磨く―仙台の美容院『Rium hair resort』MASAさんインタビュー

お客様に満足してもらうために技術を磨く―仙台の美容院『Rium hair resort』MASAさんインタビュー

2020年の楽天ビューティアワードで5位に入賞した、『Rium hair resort』のMASAさんに、美容師になったきっかけから今後の目標までインタビューしました。
MASAさんがお客様に指示される秘密が語られていますよ。

CONTENTS目次

理容師としてのキャリスタート

-美容師になろうと思ったきっかけをお教えください。

進路に悩んでいた高校三年生のときに、理容師をやっている親戚のお兄さんに髪を切ってもらう機会がありました。
そのときに、「手に職を持っている理容師や美容師っていいな」って思ったのがきっかけですね。

-親戚のお兄さんが理容師だったんですね。MASAさんは理容師ではなく、美容師の道を選ぶことにされたんですか?

実は美容師と理容師の両方免許を持っているんです。
高校卒業して最初に理容師の免許を取得して、3年間理容店で働いた後に美容免許を取るために学校へ入り直しました。

-理容店で働いていたのに、なぜ美容師免許を取ろうと思ったのでしょうか?

私が当時働いていた店舗は、ブリーチやエクステなど、理容店ではあまり取り扱っていない技術も提供していたんですよね。
なので、女性に提案できるデザインの幅がとても広かったんです。
この店舗に入って女性のお客様と接するうちに、男性の髪型は流行があまりないけれど、女性は魅力を引き出すためのデザインの幅が広いということに改めて気付かされたんです。
元々美容師にもなりたいと思っていたので、3年で理容師を辞めて美容師免許を取得するために学校に入り直しました。

自分で学び実践してお客様を増やしていった

-理容師から美容師になったことで、ギャップなどはありましたか?

以前働いていた理容店は、女性のお客様が多かったということもあったので、接客面では特にギャップは感じませんでした。
ですが、美容院という組織に慣れるのはちょっと大変でした。
というのも、私が入社したのはスタッフの数も多く、営業中はスタッフ全員がインカムをつけてやりとりをしているような美容院だったんです。

-それは凄いですね!

技術力の向上に力を入れていた美容院で、カリキュラムはしっかりしているし、スタイリストへの昇格テストの難易度もとても高かったです。
技術力が欲しいと思っていた私にピッタリの美容院だったと思っていますが、実はあともう少しでスタイリストに昇格するくらいのタイミングで今の美容院に転職することにしました。

-スタイリストへの昇格が目前だったにも関わらず、どうして別の美容院に移ることにしたのでしょうか?

以前働いていた美容院は、技術力を磨くにはとても魅力を感じていましたが、一人のお客様と関わる時間というのがとても短く感じていたんです。
私がどのような美容師になりたいか、お客様とどう接していきたいか考えていた時期に、以前一緒に働いていた元同僚から今私が働いている『Rium hair resort』の話を聞く機会がありました。
そのときに聞いた内容がとても魅力的で、この美容院で私も働きたいって思ったのがきっかけですね。

-どのようなところに魅力を感じて転職されたんでしょうか?

『Rium hair resort』ではアシスタントをつけずに、お客様に対してスタイリストが最初から最後まで責任を持って接客するというところが魅力的でした。
以前の美容院では技術力は上げられたかもしれませんが、『Rium hair resort』の仕組みの方がお客様との関係性をより強く作れると感じたので、その元同僚に紹介して頂いて店舗を移ることにしました。
そのあとは特に問題など起きずに、スムーズに『Rium hair resort』へ移りスタイリストとしてデビューをした感じです。

-以前の美容院ではアシスタントされていたということで、MASAさんの顧客はまだいなかったと思いますが、どのようにしてお客様を集めていったのでしょうか?

本当にイチからのスタートになったので、フリーでご来店頂いたお客様に対して丁寧に接客をすることを心掛けていました。
カウンセリングをする際にも、お客様がどのようなヘアスタイルにしたいか、どのような事に悩んでいるのかを、髪質や骨格、ライフスタイルなど考慮しながら、お客様と認識を共有してベストなヘアスタイルを決めています。
これを実現するために、お客様に選んでもらったヘアスタイルの共通点や何気ない一言など、ヘアスタイルに落とし込む時に必要な洞察力も気をつけています。

あとは、第三者が見ても可愛いし、カッコよくなるデザインを作っているのと、そのデザインをご自宅でも作ることができる再現性に自信を持っています。
お客様に向き合って積み重ねていくことで徐々に指名してくださる方を増やしていきました。

-コツコツと関係性を構築されたんですね。 他に工夫されていることなどはありますか?

他の美容師だったら「できません」と断るようなことも、実現できる知識と技術は磨いています。
例えば、白髪染めをすると、ピンクやアッシュなど彩度や明度の高いカラーは出来ないと思っているお客様も多いです。
お客様が「できない」と思っていたり、他の美容師に断られてしまっても、実は知識があったら白髪も染めながら、彩度や明度の高いカラーもできるんです。
お客様の要望に対して、できないと断ってしまうことって簡単なんですが、それってお客様の選択肢の幅を狭めてるんですよね。
私はお客様の要望には極力応えたいので、たくさんインプットして知識を蓄えて、実現できる技術を磨いています。

-凄いですね! MASAさんのお客様は満足度が高そうだなって思いました。『Rium hair resort』では、知識や技術を向上させる勉強会など積極的にされているんですか?

いえ、勉強会などはなくて、スタイリスト個人が自ら学ばないといけません。
なので、別のスタイリストが作ったヘアカラーの色味がとてもキレイだなって思ったら、レシピなどを積極的に聞くようにしています。
あとは、技術本を購入して勉強したり、好きな美容師さんのSNSを見て技術を勉強しています。

-Youtubeで技術を学ぶことができるんですね!

そうなんです。
自分が学ぼうと思ったら今は教材がどこにでもあるんですよね。
なので、お客様にできないというのではなく、実現できるまで勉強するというのが私のスタンスなんです。

-美容師として順調にステップアップされているように思えるのですが、スランプになってしまったことなどあるのでしょうか? また、それをどうやって乗り越えたのかお教えください。

今でも全然満足していませんが、指名数が伸び悩んだ時期があって、どうしたらお客様に指名してもらえるのかを必死に考えていた時期がありました。
今までやってきた技術、接客、考え方を一度捨てて、違うやり方でチャレンジして、カウンセリングはどうだったか、接客はどうだったか、アフターフォローはちゃんとできていたのか、というようなことを自分自身で見つめ直すことで日々改善しています。

お客様に「この人だからお願いしたい」と思われる美容師になりたい

-美容師として今後どうなっていきたいか、目標をお聞かせください。

私を信頼して指名してくださるお客様をもっと増やしたいですね。
美容師はヘアスタイルを通じて、お客様を幸せに出来たり、感謝されたり、とてもやりがいがある仕事です!
担当させて頂いたお客様一人ひとりを、幸せにできるような美容師になりたいです。
「またこの人に髪を切ってもらいたい」そう思って頂けるような美容師でありたい、というのが今の私の目標です。

-楽天ビューティはどのように活用されていますか?

楽天ビューティの強みは、やっぱり楽天ポイントだと思っています。
お客様に対して、「楽天で予約をしたらポイントがもらえるよ」という感じで促したりしていますね。
なので、既存のお客様が楽天ビューティを利用されている方が多いかもしれません。

-最後に今回楽天ビューティアワードで5位入賞したと聞いたときの感想をお聞かせください。

入賞したことを店長から聞いたんですが、正直ビックリしてしまいました。
自分が本当に選ばれたの?って、半信半疑でしたね。笑
ですが、このように入賞できたことはとても嬉しいです。
私を指名してくださるお客様には本当に感謝しております!
よりもっと多くのお客様に指示されるよう、技術や接客を磨いていきたいと改めて思いました。
そして、全てのお客様を今よりもキレイで魅力的にしていきたいです。

まとめ

MASAさんのお話を伺っていて感じたのが、話す先には必ずお客様がいるということです。『Rium hair resort』に移られたのも、知識や技術を磨くのも全てがお客様に満足してもらいたいという思いからというのが伝わってくるインタビューでした。
なりたいヘアスタイルがあるのに、美容師さんからお断りをされてしまった方は一度MASAさんのところに行ってみてはいかがでしょうか?
真剣に向き合って、あなたの要望に応えてくれると思いますよ。

SALON INFOサロン情報

Rium hair resort(リウムヘアリゾート)

住所: 宮城県仙台市青葉区中央1-6-25 東映堂ビル3F
電話番号:050-3368-8570

楽天ビューティアワード2021 仙台
  • この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。
    掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。
  • 掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。
    掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。
CATEGORY :ヘア

MEDIAメディア情報

  • Raku Lab
  • Raku Lab通信編集部

    すべての女性の「キレイ」をあと押しするコンテンツを配信するメディア「Raku Lab(ラクラボ)」の編集部です★外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。