Raku Lab通信

小顔効果がすごい! 顔型別の小顔ヘアスタイルと注意点をプロの美容師が紹介します

小顔効果がすごい! 顔型別の小顔ヘアスタイルと注意点をプロの美容師が紹介します

小顔効果が期待できるヘアスタイルを探して、実際に美容院で切ってもらったら「全然小顔になっていない。むしろ大きく見える」なんて経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。 それってひょっとしたら、髪型と顔型がマッチしてないからなのかもしれません! だけど素人には、顔型で小顔効果を出せる髪型なんてわかりませんよね。

そんな悩みを解決するため、ALLYS shibuyaの代表を務めるWAJIさんに、顔型別でわかる小顔ヘアスタイルについて聞きました!

CONTENTS目次

そもそも顔が大きく見えてしまうヘアスタイルとは?

顔型には、丸顔・面長・ベース型などさまざまな形があります。
その顔の形や顔のパーツ次第で、小顔に見せられるヘアスタイルは変わってきます。

ですが、どんなヘアスタイルでも小顔に見せられる、ゴールデンバランスと呼ばれる顔型が『卵型』と呼ばれる顔型です。
卵型以外の顔型の方は、どのようにしたら卵型に近づけることができるのか、それをロジックで理解していないと顔のバランスが崩れてしまい、結果的に顔が大きく見えてしまうことになります。

顔型別で分かる小顔ヘアスタイル

ここからは、卵型、丸顔、面長、ベース型、逆三角形 5種類の特徴や小顔効果を実現できるヘアスタイル、避けた方が良いヘアスタイルを紹介します。
自分の顔型の項目を読んでぜひ参考にしてください。

卵型の顔の特徴

▲ALLYS shibuya

眉毛から顎先と、顔の横幅にある頬の出っ張ってる部分を一直線に結んだ長さが、1対1になっているのが卵型の顔型です。
フェイスラインだけを見ると、卵を反対にしたように見えて、柔らかい雰囲気や立体的なシルエットを出していて美人に多いと言われています。

卵型に似合わないヘアスタイルはない、と言われるくらいバランスの取れた顔型ですが、しっかりとケアをしないとシワやたるみが目立って老けたように見えてしまうというデメリットもあります。
バランスが良すぎるので、ちょっとした崩れが目立ってしまうのです。

卵型の方が小顔になるヘアスタイル

▲ALLYS shibuya

先ほどもお伝えしましたが、卵型には似合わないヘアスタイルはないと言えるくらい万能な顔型です!
そんな卵型ですが、耳上くらいのショートカットで、カールがついているようなヘアスタイルは、今っぽくとても似合うでしょう。
ショートヘアだとボーイッシュになりそうと思われる方もいらっしゃると思いますが、卵型の方がやるとガーリーで可愛らしい印象になるので安心してください。

また、外ハネ系のヘアスタイルもおすすめです。
縦の長さが出てしまいますが、外ハネを作ることで菱形シルエットにすることができるので小顔効果が期待できるでしょう。

卵型の方は避けた方が良いヘアスタイル

▲ALLYS shibuya

センターパートで分けるヘアスタイルにしてしまうと、一般的にはおでこが長く見えてしまうことが多いです。
ですが、参考画像のようにおでこが出ても可愛い雰囲気にすることができるので、美容師さんに相談してみてください。

また、トップにボリュームを出してしまうと、縦の長さが強調されるので顔が大きく見えてしまいます。
もしボリュームを出したい場合は、耳上や耳横くらいの位置からにしましょう。

丸顔の特徴

▲ALLYS shibuya

頭頂部から顎にかけての縦ラインと、顔の横幅が1対1になっているのが丸顔の特徴です。そのためフェイスラインが丸く見えるのです。
丸顔の方は、縦幅が短い分横顔の長さが強調されてしまい、結果として顔が大きく見えてしまうことをコンプレックスに抱えていることが多く見受けられます。

また、女性らしさがあって可愛らしい印象を与えるのが丸顔のもう一つの特徴です。
丸顔は顔の肉付きがよく見えてしまうので、幼い印象を与える結果になります。
可愛い雰囲気が好みの方は良いかもしれませんが、クール系がお好きな場合は微妙に感じる人もいることでしょう。

丸顔の方が小顔になるヘアスタイル

▲ALLYS shibuya

前髪をセンターパートに分けたヘアスタイルがおすすめです。
センターパートで分けることで、縦の長さを強調することができます。
また、顔周りの毛束で頬骨を隠すことで、シルエットを卵型に近づけることができるのです。

おでこを全部出すのに抵抗感を感じる方は、シースルーバングや薄い前髪にして、隙間をわざと出すようにしましょう。
おでこを出すことで縦のラインを強調することができますよ。

ヘアスタイルでいうと、丸顔の方からよく「丸顔にはショートヘアは似合いませんよね?」と質問されることがあります。
これは全ての髪の毛の長さにも言えるのですが、ショートヘアはトップにボリュームを出して顔周りを毛束でぼかすことで、小顔かつ似合わせヘアスタイルを実現することができるのです。

丸顔の方は避けた方が良いヘアスタイル

▲ALLYS shibuya

重めの前髪やパッツン前髪重めのボブスタイルは縦の長さが短く見えてしまい丸顔が強調され、童顔にも見えてしまうので避けた方が良いでしょう。
ヘアアレンジをしたい方もいらっしゃると思いますが、全ての毛束をアップにしてしまうのではなく、顔周りの毛束は残してフェイスラインをぼかすことで小顔に見せることができます。

面長の特徴

▲ALLYS shibuya

面長の方は、骨格がしっかりしており、鼻筋が通っているため男顔に見えると言われる顔型です。
顎が長くシュッとしたシルエットになるので、モデルのようなキレイな印象を与えることができます。

デメリットとしては、実年齢よりも大人っぽく見えてしまうことでしょうか。
面長のタレントやモデルは、デメリットを含めて面長の個性を生かし、強い女性を前面に出している方が多い印象です。

面長の方が小顔になるヘアスタイル

▲ALLYS shibuya

面長は縦のラインが長く見えるので、横にボリュームを出して菱形シルエットを作ることで、縦長のシルエットを中和することができます。
また、顔周りにレイヤーを入れてボリュームを出すことも有効です。
例えば外ハネヘア耳掛けヘアウルフヘアなどは面長の方にも似合うヘアスタイルでしょう。

ボブヘアにしたいという方は、前下がりボブよりも前上りボブをオススメします。
もし前下がりボブにする場合は、顔周りに動きを出すことで小顔効果を出すことが可能です。

面長の方は避けた方が良いヘアスタイル

▲ALLYS shibuya

面長の方で小顔に見せたい場合は、縦の長さを出さないようにします。
そのため、ストレートヘア前髪をセンターパートで分けるヘアスタイルは、縦のラインを強調してしまうので避けた方が良いでしょう。
また、シースルーバングなどもおでこが見えてしまうのでおすすめしません。

ですが、上記で挙げたようなヘアスタイルでもビシッとハマる方がいらっしゃいます。
それは顔型だけではなく、顔のパーツやバランスによっても変わるからです。
一般的には避けた方が良いのですが、個性を出すためには良いアプローチということもあるので担当の美容師さんにぜひ相談してみてください。

ベース型の顔の特徴

▲ALLYS shibuya

面長と繋がる部分もありますが、男っぽい印象を与える顔型です。
日本人の感覚ですとネガティブに捉えられることが多い顔型のひとつですが、海外ですとベース型のモデルやタレントも多くいる印象です。

特徴としては、ハチが張っているのと、横から見ると凹凸が少なく平面的な印象を与えます。エラがはっているので、顔の横幅が広く見えてしまうことも多いです。

ベース型の方が小顔になるヘアスタイル

▲ALLYS shibuya

ベース型はエラが目立ってしまうので、ウェイトが低いヘアスタイルですと横幅が広がって見えてしまいます。
そのため、ウェイトが高めにすることで、小顔効果のある菱形シルエットを作ることができます。
前髪は黒目の位置に設定することで、横の長さを抑える効果が出るでしょう。

ベース型のオススメヘアは、顔周りの動きを出したミディアムレイヤーと、ウェイトを高めに設定をしたミディアムウルフです。
どちらも小顔効果を出すだけではなく、ベース型の方に似合わせたヘアスタイルになりますよ。

ベース型の方は避けた方が良いヘアスタイル

▲ALLYS shibuya

幅広の前髪やパッツン前髪八の字のように見えるセンターパートで分けた前髪は、エラが強調されてしまうため避けた方が良いでしょう。
ヘアスタイルで言うと、前下がりのボブはウェイトが下になってしまうのでオススメはできません。

逆三角形の顔の特徴

▲ALLYS shibuya

逆三角系の顔は、額が広くて耳下から顎にかけてシャープになっているのが特徴です。
縦長のシルエットは、クールや知的な印象を与えてくれます。
エラもはっていないのでデメリットが少ない顔型と言えるでしょう。

デメリットはシャープな印象になるので、可愛いヘアスタイルには不向きという点です。

逆三角形面長の方が小顔になるヘアスタイル

▲ALLYS shibuya

顔の中で菱形を作ることで、小顔効果を出すことができるでしょう。
具体的に説明をすると、頬骨に当たるサイドのヘアにふんわりとした動きを与えて立体感を出すことです。
これをすることで、顔の中で菱形のシルエットを作ることができるようになります。

また、トップにボリュームを出したり、シースルーバングなどで前髪を薄くするのも効果的でしょう。
ウルフヘアは逆三角系の方によく似合うと思いますよ。

逆三角形面長の方は避けた方が良いヘアスタイル

▲ALLYS shibuya

ワイドバングパッツン前髪は避けた方が良いでしょう。
また、クールや知的な印象を与える顔型なので、キュートなヘアスタイルは避けた方が良いかもしれません。
ボブヘアは可愛い印象を与えてしまいがちですが、横に広がるパーマスタイルを入れることで逆三角系の顔型の方にも似合うでしょう。

まとめ

今回は、ALLYS shibuyaのWAJIさんに、顔型別の小顔ヘアスタイルについて教えていただきました。
小顔&可愛くなりたいのに、自分の顔型に合わなくて失敗しちゃったなんて経験をしないためにも、自分の顔型を把握してからなりたいヘアスタイルを探してみましょう。
もし自分では分からなくなったら、プロの美容師さんにぜひ相談してみてくださいね!

SALON INFOサロン情報

ALLYS shibuya (アリーズ シブヤ)

【住所】 東京都渋谷区渋谷2-9-9 SANWA青山Bldg.3F

  • この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。
    掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。
  • 掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。
    掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。
CATEGORY :ヘア

MEDIAメディア情報

  • Raku Lab
  • Raku Lab通信編集部

    すべての女性の「キレイ」をあと押しするコンテンツを配信するメディア「Raku Lab(ラクラボ)」の編集部です★外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。