Raku Lab通信

ノンシリコンシャンプーの髪へのメリット・デメリット

ノンシリコンシャンプーの髪へのメリット・デメリット

自然由来のものが多く、髪に優しいといわれているノンシリコンシャンプーについて、メリットやデメリットを交えながら、概要をご紹介していきましょう。いつでも健やかな髪を保っていられるよう、上手に取り入れていきたいものですね。

CONTENTS目次

ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーとは、その名の通り「シリコン」が含まれていないシャンプーの総称で、「シリコンフリー」と表現されることもあります。

そもそもシリコンとは、化学反応によって人工的に作り出されるケイ素を含んでいる有機化合物で、シクロメチコンや、シリカといった成分が一例として挙げられます。
髪の毛のキューティクルが、シリコンによってコーティングされることで、髪の触り心地が滑らかになったり、ツヤがでたりしますが、そのコーティング作用自体が髪や頭皮の負担になっているともいわれています。

ノンシリコンシャンプーのメリット

ノンシリコンシャンプーのメリット

ノンシリコンシャンプーのメリットとしては、身体への刺激が少なく、髪のキューティクルを保護してくれることから、髪の毛や頭皮をできるかぎり健やかに保てる点が挙げられます。
また、シリコンシャンプーを使用していたときには、コーティング作用によって髪が重くなったり、髪の毛が細くペタンとつぶれてしまったりしてしまう方も、ノンシリコンシャンプーに変えることにより、ふんわりと軽やかなスタイルを楽しむことができます。

カラーやパーマを施している場合には、パーマ剤やカラー剤の浸透がスムーズとなるため、シリコンシャンプー使用時と比べると長持ちする傾向があるようです。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

ノンシリコンシャンプーのデメリット

ノンシリコンシャンプーのデメリットとしては、髪質によっては、洗った後にきしみやパサつきがでたり、まとまりにくくなってしまったりする点が挙げられます。
さらに、髪を乾かす際にドライヤーやヘアアイロンを使うと、髪がコーティングされていないところに高熱を加えることになるため、髪にダメージを与えやすくなってしまいます。

これらのデメリットに対処するために、シャンプーをおこなった後には、自分の髪質に合ったコンディショナーやトリートメントを利用して、髪を乾かす際には、洗い流さないアウトバストリートメントを活用されることをおすすめします。

髪や頭皮への負担をなくす目的でノンシリコンシャンプーを使用するのであれば、そのメリットを最大限に引き出すために、コンディショナーやトリートメントもノンシリコンのものを選ぶようにしましょう。

まとめ

ノンシリコンシャンプーにはデメリットもありますが、アフターケアをしっかり行えば髪や頭皮の負担を軽減してくれます。
上手にノンシリコンシャンプーを使って、きれいで艶のある髪の毛を目指しましょう。

  • この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。
    掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。
  • 掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。
    掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。
CATEGORY :ヘア

MEDIAメディア情報

  • Raku Lab
  • Raku Lab通信編集部

    すべての女性の「キレイ」をあと押しするコンテンツを配信するメディア「Raku Lab(ラクラボ)」の編集部です★外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。