Raku Lab通信

髪の毛がベタベタする…! ベタつく原因やサラサラヘアにするヘアケアの方法を美容師さんに取材しました!

髪の毛がベタベタする…! ベタつく原因やサラサラヘアにするヘアケアの方法を美容師さんに取材しました!

暑くなってくると髪の毛のベタつきが気になりますよね。 髪の毛がベタつく原因や、改善するためのヘアケア方法を現役の美容師さんに聞いてきました!

ニュアンスヘアスタイル

今回教えてくれたのは、銀座にある美容院【HAIR DERA'S 銀座中央通り店】のトップスタイリスト、KAMIYAMAさんです。
今年の夏は、ベタつき知らずのサラサラヘアで過ごしちゃいましょう♪

CONTENTS目次

髪の毛がベタつく状態って?

髪の毛がベタつく状態って?

- 髪の毛がベタつくのってどういう状態ですか?
髪の毛を触ってベタついている状態は、髪の毛に油分が残っている状態のことをいいます。例えば、スタイリング剤をつけていないのに、束間を作れてしまったらベタついているといえます。

- どうして髪の毛がベタついてしまうのでしょうか?
髪の毛のベタつきの原因は、皮脂の汚れがほとんどです。
皮脂が毛穴に詰まってしまって、髪の毛がベタついてくると雑菌が繁殖しやすくなり、頭髪の匂いがきつくなってしまいます。

- 毛穴が詰まっていると、髪の毛が細くなると聞いたことがあるのですが、これって本当なんでしょうか?
本当のことです。
毛穴が詰まってしまうと、頭皮の血行が悪くなってしまいます。
血行が悪くなると、髪の毛へ栄養を行き渡らせることができなくなるので、髪の毛が細くなっていき、ハリコシもなくなってしまうんですよ。

髪の毛がベタつく原因は?

髪の毛がベタつく原因は?

- 髪の毛がベタついてしまう原因を教えてください。
原因は「シャンプーの選び方」と「頭の洗い方」、「汗のつまり」の三点が考えられます。

- ではシャンプーの選び方から教えてください。
シャンプーは頭皮の汚れを落とすものですが、洗浄力が高すぎるシャンプーを使用してしまうとベタつきの原因になりやすいんです。
というのも、洗浄力が強すぎると頭皮を守ってくれる、適量の脂まで落としてしまうためです。

- ベタつきの原因が脂かと思っていましたが、適度に残しておいた方が良いんですね。
そうなんです。
シャンプーのパッケージの裏に記載されている成分表に「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸ナトリウム」の記載があった場合は、洗浄力が強いシャンプーだと思ってもらって大丈夫です。

とはいえこちらの成分は、市販されているシャンプーにはほとんどに含まれています。
もし成分表を見て、先ほどの成分が最初の方に記載あった場合は、より多く入っていると考えてもらって大丈夫です。
実は成分表の記載順は、多く使用されている成分の順番に並んでいるんです。

- そうだったんですね! 知りませんでした。先ほどのふたつの成分が入っていないシャンプーはないのでしょうか?

美容院で取り扱っているシャンプーは、先ほどの成分はほぼ入っていません。
もし気になるという方は、通っている美容院で聞いてみても良いかもしれませんね。ほとんどの美容院でシャンプーの購入はできるようになっているので。

- では次は「頭の洗い方」に関して教えてください。
まず気をつけたいのが、頭皮を傷つけてしまうことです。
頭を洗っているときに、爪を立ててゴシゴシと洗ってしまうと頭皮が傷つきやすくなってしまいます。
頭を洗うときは、指の腹で頭皮をもみ洗いするように洗うのがポイントです。
もみ洗いすることで、マッサージ効果も出て頭皮の血行が良くなるというメリットもあります。

- 頭皮を傷つけてしまうと、どうしてベタつきの原因になるのでしょうか?
頭皮を傷つけてしまうことで、雑菌が増えてしまうというのがひとつ目の理由です。
ふたつ目は、頭皮を傷つけることで、傷口が乾燥をしてしまって、その周辺に体が脂を余分に作ってしまうことでベタつきにつながります。

また、頭を洗うときは、シャンプーで洗う時間よりも、シャワーでシャンプーをすすぐ時間を多くしてください。
すすぎが足りずに、シャンプーが洗い残ってしまうと、髪の毛や頭皮が乾いたあと、余分に乾燥してしまう原因につながってきます。

- ありがとうございます。最後に「汗のつまり」について教えてください。
肌のベタつきと同様に、汗をかくと頭皮もベタついてしまいます。
暑くなると汗をかくことが多くなりますが、帽子などを被ってしまうと頭が蒸れてしまい、より頭に湿気が多くなってしまいます。
ですが、猛暑の日などは熱中症などになってしまうことがあるので、家に帰ってからのシャンプーや頭皮の洗い方が重要になってきます。

髪の毛がベタついてしまったときのヘアケア方法は?

髪の毛がベタついてしまったときのヘアケア方法は?

- 髪の毛のベタつきが気になった時のヘアケア方法を教えてください。まずはホームケアからお願いします。
では、シャンプーに入る前のブラッシングから、髪の毛を乾かすところまでのホームケアの流れを紹介します。

ホームケアで頭皮のベタつきを改善

1:まずはブラッシング
髪の毛が乾いている状態で、粗めのブラシを使用して髪の毛をブラッシングします。このブラッシングをすることで、髪の毛についた汚れの半分くらい落としてくれるんです。また、ブラッシングをすることで血行も良くなりますよ。


2:しっかりと湯洗い
みなさんシャンプーを使用する前に、まず髪の毛を濡らすと思います。この濡らす作業の段階で、髪の毛をしっかりと洗いましょう。シャンプーの泡立ちが全然違ってきますよ。


3:シャンプーで頭皮を洗う
シャンプーは、使用する量を極力少なくすることがポイントです。最初は少なめにプッシュして、もし足りないと感じたら追加するくらいの方が良いでしょう。先ほどもお伝えしましたが、頭皮を指の腹で頭皮を揉み洗いするようにして洗います。


4:コンディショナーやトリートメントは髪の毛に
コンディショナーやトリートメントを、頭皮につけてしまう方もいますが、髪の毛だけにつけることを心がけてください。このふたつのアイテムは髪の毛をコーティングする作用があり、頭皮についてしまうと乾きにくくなってしまうんです。


5:すすぎはしっかりと
シャンプーやトリートメント、コンディショナーが終わったら、シャワーで髪の毛をすすぎ洗いします。このときに洗い残しがないようにしましょう。もし洗い残しなどがあると、それが頭皮のベタつきの原因につながります。また、頭皮をすすぎ洗いするときは、39度くらいのぬる目のお湯にするのがポイントです。


6:タオルドライでしっかり乾かす
このタオルドライをしっかりとすることで、ドライヤーの時間を短縮することができます。タオルドライをするときは、シャンプーと同様に指の腹を頭皮に当てて、根元にタオルを当てて乾かすようにしましょう。頭皮から毛先の順番で拭くといいですよ。


7:ヘアオイルを塗布
髪の毛をコーティングしてくれるヘアオイルを塗布しましょう。髪の毛が濡れていると、せっかくのヘアオイルが水で流れてしまうので気をつけてください。また、頭皮にもつけないということも心がけてくださいね。


8:ドライヤーで頭を乾かす
ドライヤーで髪の毛を乾かします。ポイントは毛先からではなく、根元からしっかりと乾かすことです。
番外編:髪の毛の油分量の多さに悩んでいる方は
髪の毛の油分量が多くて、一年中ベタつきに悩んでいるという方は、シャンプーをする前にクレンジングオイルをつけてみてください。クレンジングオイルをつけることで、毛穴に詰まった脂を浮かせることができるので、シャンプーのときにしっかりと洗い流すことができます。

サロンケアで頭皮のベタつきを改善

- 美容院には、頭皮のベタつきを改善してくれるメニューなどはあるのでしょうか?
オススメは炭酸泉を使用したクレンジングです。
炭酸泉とは、炭酸の泡の力で頭皮の汚れを落としてくれる効果があります。
オイルクレンジングを普通に使用すると、塗布したあとのすすぎをしっかりとしないと逆効果になってしまうことがありますが、炭酸泉を使用するとしっかりと洗い流すことができるんです。
また、頭皮の悩みや髪質の悩みなど種類を選ばす頭皮ケアにもなりますし、髪の毛にハリコシを出すこともできるんです。

- ヘッドスパはいかがでしょうか?
美容院にヘッドスパや頭皮マッサージがメニューであったら、それらはベタつき改善につながるメニューといえます。
季節など関係なく、髪の毛のベタつきで悩んでいる方は、美容院でしっかりとヘアケアをすることをオススメします。
もし、夏場や冬場のベタつきが多くなる季節だけでしたら、予防としてこれらのメニューを頼むのも良いでしょう。

まとめ

まとめ

暑くなったり、乾燥している冬になると髪の毛のベタつきが気になってきますが、予防策やケアの方法がしっかりとあることに安心しました!
頭皮のベタつきがひどくなってきたと感じたら、ぜひヘアケアを試してみてください。

KAMIYAMAさん、ご協力ありがとうございました!

MATSUDAさん

SALON INFOサロン情報

HAIR DERA'S 銀座中央通り店【デラ】(ヘアーデラ ギンザチュウオウドオリテン)

住所:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル9F

  • この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。
    掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。
  • 掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。
    掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。
CATEGORY :ヘア

MEDIAメディア情報

  • Raku Lab
  • Raku Lab通信編集部

    すべての女性の「キレイ」をあと押しするコンテンツを配信するメディア「Raku Lab(ラクラボ)」の編集部です★外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。