Raku Lab通信

暇な女子大生の初体験! 暇だから美白エステで美しい肌と自信を手に入れてきた

暇な女子大生の初体験! 暇だから美白エステで美しい肌と自信を手に入れてきた

記事を開いて唐突に表示されたこの画像を見て「変なサイトに飛んでしまったのでは…?」と心配になってきている貴女、安心してください。
こちらはエステサロンの体験記事などが読める「楽天ビューティ」のページです。

身体の脱力感が何とも言えない感じになってますね…

わたしが着ているのは白装束でも柔道着でもなくガウンです。
これから受けるエステはこのガウンと紙パンツのみしか身につけることが出来ません。

透けている…だと?

紙パンツは紙パンツでもかわいい感じの紙パンツ。

炎天下のコンクリートジャングル(渋谷)は暑いですよね

今回わたしがチャレンジするのは夏の紫外線をたっぷり浴びてしまった肌に効果的な美白エステ。たくさんあるメニューの中でも「【美白・エイジングケア】 スノーホワイトフェイシャル90分(美白フェイシャルエステ)」を体験する。

松涛の閑静な住宅街の中にあるオシャレな外観。写真撮りながら「あっ、わたしたちはこの場所にいてはいけない側の人間だ」って思わざるを得ませんでしたよ。

渋谷駅から歩いて10分強、松濤の閑静な住宅街の一角にあるこのLA BLANCHE(ラ・ブランシェ)。フランス語で「白」という意味の名前がついているが、美白エステだけでなくエイジングケアやブライダルエステなども行っている。ヨーロピアンな外観がすごく素敵なのだが、このような高級感のあるところへ某スーパーで買ったズボンと「オールナイトニッポン」のイベントTシャツを着用する者が足を踏み入れていいかどうか分からず戸惑う。

先日、全く同じような恰好で姉の家に遊びに行ったところ「おばさんみたい。ダサい!」と嫌悪感を示されたので、美のカリスマであるエステティシャンからは「そのような服で我が敷居を跨ぐでない」と熱々のダージリンを浴びせかけられかねない。
躊躇しているうちに激しく雷鳴が轟き始め、ゲリラ豪雨が襲ってきたので慌てて扉を開けた。

笑顔が素敵なエステティシャンの大谷さんにホッとしたのは暇女だけじゃない。編集の私も同様であった。

いらっしゃいませ!お待ちしておりました…!

戦々恐々としながら入店すると、黒髪の、とても美しいエステティシャンさんが迎えてくれた。
店長の大谷さんだ。
優しい雰囲気の女性で、一気に緊張が解けていった。

店内はお城みたいで可愛いなって思ったのと、「ANN」のTシャツのロゴが結構かっこいいなって思いました。

白を基調とした明るく清潔感のある内装に可愛らしい調度品、アロマの香り漂う店内に癒される。

編集の私は男なのでガウンと紙パンツのみになる施術に立ち会えません。なのでここからは暇女撮影の写真とイラストでお届けしたいと思います。

フェイシャル中心に行う美白エステということで顔にどんどん美容液を塗りたくられるのかと思いきや、「まずはこのイスにお座りください」と大谷さん。

な、何これ、凄く気持ちよさそう。わたしのお風呂上りに座りたい椅子ランキング上位に突然ランクインされましたよ。

椅子の腰の部分が動き出し、ぎゅーっと締め付けてきた。長靴(と、呼ぶのが正しいのかどうかは分からない)の中には温かいお湯が入っている。

大谷「骨盤を圧縮するマッサージチェアです。腰から太ももにかけての骨盤をぎゅーっと圧縮してくれます。
足浴にはオレンジを入れました。じわじわ温まってきますよ」

蝋でパックなんてするんだ!ってエステ無知のわたしが思ったのと同時に、手から蝋を剥がす瞬間がとっても気持ちいいだろうな、やりたいなって本気で思いました。

「手のひらにパラフィンパックを施していきます」と、容器に入った液体に手を浸すよう促される。
水のようにさらさらしているかと思いきや、液体は流れ落ちずに手にまとわりつき、どんどん固く重くなっていく。
おまけに結構熱い
。なんだろうこれは…。

大谷「パラフィンパックは蝋のパックです。あとでスルッと取れるのでご安心ください」

数回容器の中に浸けたり出したりした後、ラップのような薄いビニルで手を真空パックされた。
すごく温かくてポカポカする。
冷え性のわたしには良いかもしれない
この蝋には美容成分も入っているという。

両手の使えなくなったわたしに大谷さんは「肌で気になるところはありますか?」と質問した。

こんなに表情を出される暇女さん珍しいですよね。この記事のためにありがとうございます!

半笑いでカメラに映る施術前の筆者。 

「少々毛穴の開きが気になっています。あとは普段お化粧をほとんどしないし日焼け止めも塗らないので、紫外線によるダメージが後々出てこないか心配です。帽子を被ったり日傘をさすなど対策はしているつもりでもカバーし切れていない気がして…」

という内容のことを告げた。

「かわいいね」とか「美人だね」と言われることのない自分にとって、「色が白い」や「肌がキレイ」はほとんど唯一の心の支えだった。
もしも将来シミや肝斑などでそれが汚されるとなると、もう自分のアイデンティティはなくなってしまう。
自我の崩壊だ(それでも日焼け止めを毎日塗るのは肌に悪そうだし面倒くさい)。

たくさんのアロマが用意されてるんだ。ちなみに私はオレンジがいいなって思いました。(誰も聞いてない)

わたしの話をふんふんと暫く聴いて大谷さんは「では今からご案内するアロマオイルの中で『良い香りだな』と思うものを教えてください」と言った。なんでも『良い匂い』と思う香りの成分がいま自分の脳と身体が欲しているものなのだという。

大谷「紫外線に特に効くアロマというものはないけれど、代謝を上げるもの、リンパを流すものを何点かご案内します」

ラベンダー: 肩こり、目の疲れ、スキンケアに効果がある
ローズのブレンド系: 女性ホルモンの働きを助ける、スキンケア全般に効果がある、女性におすすめ
ローズウッド: 美肌をつくる効果、鎮静効果(イライラや興奮・不安を抑える効果)がある
オレンジ: リラックス効果、コラーゲン生成を助ける効果がある
ゼラニウムローズ: 精神のバランスを取る、顔をすっきりさせたい時、むくみに効果がある
フランキンセンス: 細胞再生能力が高い、鎮静効果が高い

『いいな』と感じる香りがいっぱいあって困った。めちゃくちゃ疲れているのかもしれない。アロマオイルはブレンドして使うことも出来るみたいなので、気になったローズウッド・オレンジ・フランキンセンスの3種を混ぜてもらうことにした。
(神経過敏でイライラしていて、リラックスを求めているということなのだろうか)

ここで選んだオイルをエステで使用するようだ。

足を拭いてもらう経験というものをした記憶がないわたしですが、想像しただけで申し訳ない気持ちになってきますね…

足を拭いてもらった後、いよいよ施術台に移動するよう促された。

大谷「佐田様(筆者のこと)は体や顔で触られたくないところなどございますか?」
暇「特にありませんが…コンタクトをつけている時は外したほうがいいですか?
大谷「目を上から押すことはないのでつけていても大丈夫ですよ。外して施術を受けたいという方もいるので、その時は自分でケースを持参してもらっています」

ガウンを脱いで、台の上にうつ伏せになる。

大谷「苦しくないように、穴に顔を入れてください」

ベッドの上に確かに穴がありますね。この中に顔を入れる、と。うつ伏せでも苦しくなくていいですね!

結構しゃべりにくくなってしまったが、楽天ビューティをご覧の皆さんに情報を詳しくお伝えするという使命があるため、インタビューを続けることにした。

暇「施術の効果はどれくらい続きますか?どういう頻度で来店するのがよいですか?」

大谷「2週間に一回がベストなのですが、一ヶ月に一回来られる方が多いです
あとはおうちでケアすれば大丈夫。
もちろん継続しなくても一回のみの施術でも十分効果はありますよ。」

暇「おうちでのケアって手間のかかるものですか?」

大谷「いいえ、基本的なものです。
例えばシミがあるなら今までの化粧品に美白化粧品を1つでも取り入れるとか、クマができやすいなら化粧品を塗りながらマッサージをするだとか、シワが深くなってきたならクリームでしっかり保湿&顔のストレッチをするだとか、毎日肌を労わることです。
日々のケアほど大切なことはないと思います。」

暇「なるほど、それならわたしにも出来そう…。
ここに来るお客さんはどんな方が多いですか?
やっぱりモデルさんとか女優さんとか、お金持ちの女性が中心ですか?」

大谷「年齢層は30代後半から50歳前の女性が主ですね。
ある程度年齢を重ねてエイジングケアを気にかけていらっしゃる方。
モデルさんや女優さんなどではなく会社勤めされてる普通の方が多いですよ。
美容のためというよりも、「月一回のリラクゼーション」「自分へのご褒美」感覚で来られる方もいます…
ちなみに佐田様っておいくつなんですか?」

暇「実はもう2*歳なんですよ…」

大谷「え、お若く見えますね…! 」

暇「いくつになっても子どもみたいに見えるから悩んでるんです…」

大谷「いいと思う…。自分を貫けるってすごい…かっこいいです。素敵だと思う…! 」

確かにとっても褒められてるね!

大谷「ブログも拝見したんですけど、文章も絵も描けるなんてよくそんな器用なことができますよね… 」

正直わたしも大谷さんに思いっきり褒めて頂きたいですね…

大谷「それでは背中をオイルトリートメントしていきますね」

くすぐったがりなわたしはオイルマッサージとかしたら笑いを堪えるのに一生懸命になっちゃうかな? ちなみに美容院でのマッサージでも笑いを堪えています。

暇「背中って自分では見えないから肌の状態がどんな感じなのか気になります」

大谷「キレイなお肌ですよ~」

良かったね。暇女褒めてもらってよかったね!ニッコリ

大谷「でもちょっと日焼けしてますね」

褒めて甘やかすだけじゃなく、ちゃんと指摘してくれる大谷さん信用できる!(確信)

暇「日焼けって……服着てても日焼けしちゃうってことですか…!?」

大谷「服の上からでも焼けますし、特に首の後ろですね」

確かに首の裏は盲点ですね…

大谷「首の後ろは日傘をさしていても日焼けしちゃうことがあるんですよ。
結構気づいていない方も多いですね」

暇「気をつけたい…」

マッサージって終わったら絶対にスッキリするっていうのは分かってるからチャレンジしてみたいんですよね、本当は。

フェイシャルなのに背中まで丁寧にオイルマッサージをしてくれる大谷さん

暇「でも肩とか背中までやってもらえるなんて思ってませんでした
わたし肩こり酷いほうなんですが、すごい気持ちいいです…。
美白エステじゃなくてマッサージに来ているみたい」

大谷「フェイシャルの美白エステメニューだけど、施術では背中も絶対入れようと思っていました。
やっぱり最近肩凝ってる人多いですから…アロマオイルって塗るだけで筋肉がほぐれるんですよ。
血流の流れを良くするだけで肌のくすみやむくみも緩和されるので、顔に美容液を塗りたくるだけではなく、こうして身体全体から揉み解していくことが重要なんです」

暇「なるほど。最初に手や足を温めたのも血流を良くするためだったのか…」

大谷「では、これからお顔のほうに移りますね。まずはクレンジングで汚れを落としていきます」

ここからが本番の美白フェイシャルエステがスタートですね。それにしても人に顔を触られる経験ってあまりないですよね。暇女はどんな感じだったんだろ?

暇:「顔を人に触られることって滅多にないから気持ちいい…。
あのぅ、わたしって色白いほうですか?」

大谷「すっごく透明感のあるベイビー肌だと思います。肌トラブルも全然ないし…」

暇女ってあんまり褒められないのかな? 今度会ったら優しく接しなきゃって思ったけど、私も褒められた記憶がここ最近ありません。

暇「12歳の頃から美白にだけは気をつけて生きてきたんです。
肌が自分の容姿の中で褒めてもらえる唯一の点だったので…」

大谷「偉い…!
年を取ってから『綺麗』と思ってもらえるのって「目が大きい」とか「鼻が高い」よりも「肌がキレイ」な女性ですからね。
若い頃から肌に気をつけてる人はかなりのアドバンテージだと思います。
30代、40代になると全然違ってきますよ」

確かに肌がキレイな大人の女性の方はきれいですもんね。私は男ですが、最近シワが気になってきましたよ。。

大谷:「最初におっしゃっていた「毛穴の開き」のケアとして「ゴマ―ジュ」をやっていきますね。」

暇:「「ゴマ―ジュ」って「スクラブ」のことですか?

大谷:毛穴の汚れを取ったり、古い角質を取り除くという意味では大体同じですが、ゴマ―ジュはスクラブやピーリングよりも少し肌に優しいですね。

スクラブは粒の摩擦によって垢を取り除くもので、ピーリングは弱い酸で余分な角質を溶かすのですが、ゴマ―ジュは天然の植物やハーブなどを使ってやさしく汚れを取り除いていくものになります。

暇:「へえ、そういう違いがあるのか。知らなかった…」

大谷:「ゴマ―ジュはおうちでもできるし、おススメですよ。小鼻周りの汚れにも効果的です。 」

暇:「鼻の黒ずみってどうしたらいいか全然分からなくて。
毛穴パックとかやると逆に毛穴が開いちゃって汚れが酷くなるって聞くし。」

大谷:そうですね。鼻の汚れはゴマ―ジュの他に、オイルクレンジングなんかも良いです。
油汚れは油で落ちますから。
正中線沿いは油の分泌が多いので気をつけたほうがいいですよ。

暇:正中線沿い?

正中線にはツボがたくさんあるって聞いたことがあります。

暇:「鼻、あご、デコルテなどを通る身体の真ん中の線のことを『正中線』と呼ぶんです。人間の身体って外側からつくられているので、身体の真ん中は外側に比べて皮膚が薄いんですね。それだけ皮膚を守るための油の分泌も多くなってきます」

大谷:「美白フェイシャルなのにこうやって毛穴のケアもしっかりやってくれるんですね…」

暇:「美白化粧品を使ってもベースの肌がしっかり整っていないと浸透しなくて無駄になっちゃうので、肌の汚れをしっかり取り除くところからやっていますね。」

目の上に暖かいタオルとか置くと本当に気持ちよいし、リラックスした気持ちになりますよね

暇:「これすっごい気持ちいい…あったまるぅ~」

大谷:「ふふ…やっぱりライターさんだから目がお疲れなんでしょうね…」

PCが近い! 暇女よ、PCが近いぞ!

暇:「わたしの目の疲れは本当にひどいですよ。
毎日、至近距離で液晶画面を長時間凝視していますからね…
一日に十数回目薬を差さないとやっていけないです。
視力もどんどん落ちている気がして怖いです」

大谷:「だ、大丈夫ですか…?
ちゃんと眠れてますか?
目と頭を休めることが大事ですよ…」

暇「いや…眠れてないですね…。
布団に入っても3時間くらい経つとハッと目が覚めたりします」

だいぶ眼が血走ってますね…

大谷「多分、起きている時間に絶えず考えごとをしているせいで、寝てからも脳が動きっぱなしになっているんでしょうね…何か息抜きのようなものはありますか?」

暇「胃が荒れるまでポップコーンを食べたりだとか、結構無茶なものが多いのかな…あ、でも部屋で音楽に合わせて踊ってみたり、『今日は映画の日』と決めて映画館で2本立て続けに映画をボーっと観たりすると頭がリフレッシュする気がします。」

大谷「『映画の日』をつくるって素敵ですね…!」

暇:「大谷さんの息抜きの方法ってどんなのですか?」

大谷:「わたしは明治神宮をお散歩したり…あとは独り専門カラオケに行って熱唱したり…」

大谷さんも一人カラオケ行くんですね! そういえば私はカラオケに最近行ってません(聞いてない)

暇「えっ!意外・・・」

大谷「人がジャンクフードを食べてる様子の動画を観たり」

人がジャンクフード食べてるだけの動画なんてあるんですね…

暇「なに・・・それ・・・?」

大谷「自分が食べるものに気を付けているからなのか、他人がジャンクなものを食べているところを観るのが面白いんです」

暇「…へえ…そうなんだ。
食事で気をつけていることってありますか?」

大谷「とにかく変なものを身体に入れないということですね。余計なもの、添加物いっぱいのものは食べないようにしています。
野菜や雑穀を中心に食べて、あとはビタミンCを多く含む食べ物を積極的に摂り入れています。
ビタミンCは肌をくすませる「メラニン」の生成を抑制し、シミを「無かったことにする」力もあるんです。」

暇「わたし最近フルーツをたくさん食べるようにしています。結構調子が良いみたい」

大谷「フルーツはビタミンも豊富だし、お腹の調子もお肌の調子もよくなるし良いことだらけですね。
お野菜だとブロッコリーやジャガイモなんかも実はビタミンCが多いんですよ。
ストレスを受けた時にビタミンCは失われてしまうので、毎日たくさん摂取してください。」

海草のパックをしてもらいながらヘッドマッサージなんてしてもらったら、私なら一瞬で眠りについてしまいそうですよ

「タラソパック」という海藻を使ったオーガニックのパックをしている間、ヘッドマッサージまでやってもらった。

室内には静かにヒーリングミュージックが流れているだけで、外の音は聞こえない。アロマオイルの良い香りと大谷さんの手の感触が心地よく、心から安心した。それまで自分がいつもガチガチに緊張し、常に不安に苛まれ、浅い呼吸しか出来ていなかったことに初めて気づかされた

暇「なんていうか、月に一度ここに通いたくなる気持ちが分かりました。
こんなに心身ともにリラックスできたのは久しぶりです…。
さっきまでゲリラ豪雨が降ったり雷が鳴ったりしていたことも忘れちゃうくらい、ここは俗世と隔絶された癒し空間ですね…」

大谷「たまにはいいですよね…わたしも月に一度はお店にほぐしてもらいに行くんですけど、やっぱり自分でやるのと他の人にやってもらうのとでは気持ちよさが全然違いますから。
特に年齢を重ねると疲れが抜けにくくなってきて、どうしても人の手を借りたくなります…」

暇「わたし、年を取るのが今からすごく怖いんですけど…30代って楽しいものですか?」

大谷「わたしの経験からすると、30代前半は20代の延長ですね。
その後に若くいられるか年を取ってしまうかは自分次第です。
でも大人から見ると30代って全然若いですよ。
怖がらなくて大丈夫。
どんどん色んなことに挑戦してください。
わたしも若い気持ちでもっと色々行動すればよかった~って今となっては思います。」

暇「大谷さんの「やっておけばよかったこと」ってどんなことですか?」

大谷「そうだなあ…運動ですかね。筋肉量で体つきが全然違ってくるんですよ。それだけで若く見えるか老けて見えてしまうかが変わってきます。」

暇「(心の声)『クラブで夜通し遊ぶ』とか『湘南でナンパされる』とかそんな答えを期待していたんだけど、やっぱり美容に関することなんだなあ…」

大谷「あとは姿勢を正すということ。姿勢が悪いと年が上に見えてしまいます。若い時から正しい姿勢を身につけておきたかった…」

暇「(心の声)また美容に関することだ…いや、確かにわたしも猫背だし姿勢気をつけたいけど…
もっとこう、『クラブで夜通し遊ぶ』とかそういうのは無いですか?」

大谷「あっ、そうそう…」

暇「(心の声)やっと聴ける…ついに聴ける…」

大谷「夜通し遊んだ後はしっかりとお化粧落として寝てくださいね」

暇「…はい」

癒されたり褒められたり喜んだりしているうちに、「【美白・エイジングケア】 スノーホワイトフェイシャル90分(美白フェイシャルエステ)」はあっという間に終わってしまった。
『もっとこの時間が続けばいいのに』とさえ思った。

とってもオシャレだし美味しそう!

着替え終わると大谷さんがお茶を出してくれた。

ローズヒップティー美味しいですよね! エステ終わって出てきたら嬉しいだろうなぁ
紅茶と一緒にゼリーやチョコレートも。ひょっとしてここは天国なのでしょうか?

ローズヒップティーだ。
ローズヒップは植物の中でもビタミンCの含有量がトップクラスであることから「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれている。
すごく酸っぱいため『美容に良さそう』と思わせる力もトップクラス。

桃のゼリーとバナナチップス、ダークチョコレートも頂いた。
ローズヒップが酸っぱかったので甘さにホッとする。

【美白・エイジングケア】 スノーホワイトフェイシャル90分の施術一覧

(うつぶせ)
アロマディープブレス(オイルを深呼吸でゆっくり嗅ぐこと。アロマ精油が脳の深い部分まで到達する)→ロッキング(体をほぐすため体をゆらすこと)&ほぐし→背中トリートメント

(仰向け)
クレンジング(今回はミルククレンジング2回、肌質年齢などで変更有)→ゴマージュ→超音波ディープクレンジング→ホワイトニングクリームパック→フェイシャル&デコルテオイルトリートメント(選んでいただいたアロマ精油で)→ホワイトニングタラソパック(ホワイトニング&リフトアップのもの)→ポレーション(オーガニック美容液導入)→整肌
※ポレーションに関しては、電流に敏感な方、妊婦の方等には行っておりません

こちらの化粧品は全てオーガニック&ナチュラルコスメを使用しております。
アロマ精油は、英国のフレグラントアースというところのものです。

寝そべっている間どんなことをされていたのか全部は分からなかったので、後で大谷さんにメールで質問したところ、こんなにも多くのメニューがこなされていたようだ。

施術前と施術後の比較画像ですね。こうやって並べると違いが一目で分かるから凄いですね!

BEFORE→AFTER 

すごく気持ちよくて癒されたので、実際に白くなるのか等についてどうでもよくなっていた…というか忘れていたのだが、写真を撮ってみると結構色が変わっていて驚いた。
アゴや頬の赤みが消え、クマも少し薄くなっている気がする。
鼻筋や頬に光が反射しているようにも見える。
一番変化が大きいと思ったのがアゴのラインだ。
施術前より尖ったアゴになった。
むくみが取れたということなのだろうか。この日から筆者のインスタグラムには自撮り写真が飛躍的に増えた。
『周りの人にもっと自分を見てもらいたい』という、ポジティブな気持ちの変化が少なからずあったのだと思う。

それが美しい肌を手に入れたことによる変化なのか、大谷さんに90分間ずっとあらゆることを褒めてもらったことによる変化なのかは分からないが。

<まとめ>
・25歳を超えたらキレイの基準は肌の美しさ
・美容のためというよりもリラクゼーションのため、自分へのご褒美のためにエステに来る人が多い
・来店の周期は大体1ヶ月に一度だが、一回の施術でも効果はある
・秋は美白エステを受けるのにちょうどいい時期
・毛穴の汚れには週一回のゴマ―ジュが効く
・地黒の人やアフリカ系の方が真っ白になるということは無い。「元々の肌の透明感を取り戻す」イメージ
・「カミソリで産毛を剃る」と施術中にヒリヒリする恐れがあるので前日や当日は避ける
・毎日のケアほど重要なものはない
・日傘をさしても首や背中は焼けている
・ビタミンCを摂取して内側から美しく
・正中線沿いは油の分泌が多い
・血流を良くすることが顔色を明るくする
・褒めてもらったり息抜きしたりして淀んだ気持ちを入れ替える
・30代はまだ若い。怖がらずに色々挑戦するべき
・肌がキレイになると「見られたい」欲が増す
・「あの人とまたお話したい」と思われる人間になることが成功の秘訣

SALON INFO取材協力サロン

ラブランシェ ホリスティックビューティケアサロン

  • この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。
    掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。
  • 掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。
    掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。
CATEGORY :エステ

MEDIAメディア情報

  • Raku Lab
  • Raku Lab通信編集部

    すべての女性の「キレイ」をあと押しするコンテンツを配信するメディア「Raku Lab(ラクラボ)」の編集部です★外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。