Raku Lab通信

【ヘアスプレーで髪の毛のダメージを軽減!】ヘアアイロンの正しい使い方やヘアスプレーを使ったヘアケアの方法を銀座の美容院の代表に教えてもらいました!

【ヘアスプレーで髪の毛のダメージを軽減!】ヘアアイロンの正しい使い方やヘアスプレーを使ったヘアケアの方法を銀座の美容院の代表に教えてもらいました!

ちょっとしたアレンジで、とっても可愛いウェーブヘアにしてくれるヘアアイロン。けどヘアアイロンを使って心配になっちゃうのは、髪の毛のダメージではないでしょうか?せっかく可愛くスタイリングできても、髪の毛が傷んでしまったら悲しい気持ちになっちゃいますよね。

今回はヘアアイロンの正しい使い方や、ヘアスプレーを使用したヘアアイロンのダメージを軽減する方法などを銀座の美容院『aRietta』で代表を勤める馬場義隆さんに教えてもらいました!
ぜひ参考にして下さい。

CONTENTS目次

ヘアアイロンとは

-ヘアアイロンとはどういうアイテムですか?

馬場「ヘアアイロンは髪の毛に熱を加えることで、髪の毛に形をつけるためのアイテムです。たとえばくせ毛をストレートに伸ばしたり、ストレートを巻き髪にしたりできます。最近では、ヘアアイロンもかなりの種類が出てきているので、マイナスイオンが出るものやミストが出るものなどもありますよ」

 

-ヘアアイロンの特徴を教えて下さい。

馬場「大きく分類すると、ヘアアイロンには『ストレートアイロン』と『カールアイロン』の二つがあります。ストレートにしたいときには、ストレートアイロンを使って、巻き髪にしたいときには、カールアイロンを使うといいですよ。簡単な毛先だけの内巻き程度なら、ストレートアイロンでもできますが」

ヘアアイロンの役割

-ヘアアイロンでストレートにしたり、巻き髪にする以外の効果って何かありますか?

馬場「ヘアアイロンを使用すると、髪の毛にツヤを与える効果もあります」

 

-スタイリングの用途以外にもツヤ感を出すこともできるんですね! ヘアアイロンはどういう方が使うんですか?

馬場「巻き髪にして、アレンジを加えたい人はもちろんですが、くせ毛に悩んでいる方も使ったりしますよ」

 

-悩みを解消することもできるんですね!

馬場「そうですね。ただ強いくせ毛の方は、美容院で縮毛矯正をすることをおすすめします。ちょっとしたくせ毛が気になる程度の方でしたらストレートアイロンでも大丈夫だと思いますよ」

 

-縮毛矯正をするほどじゃないけど、もっとストレートにしたいと思っている方は多そうですもんね!

馬場「縮毛矯正が失敗したときに髪の毛に与えるダメージは深刻なので、ヘアアイロンを使用してある程度安全にストレートヘアを楽しみたいと思っている人にはピッタリです」

 

-ストレートヘアのように、ヘアアイロンで悩みを解決することってできますか?

馬場「アイロンと髪の保護剤を正しく使うことで、髪の毛のケアをできる場合もありますし、リフトアップの効果が期待できるアイロンもあります。最近では、ヘアアイロンを使用するだけで髪の毛の手触りがよくなったり、髪の毛の質をよくしてくれたりというヘアアイロンも販売されているみたいですね」

ヘアアイロンを使用する際の注意点

-良いことずくしのヘアアイロンですが、注意しなくてはいけない点などはありますか?

馬場「そうですね。一般的なヘアアイロンであれば、熱によるダメージはあると思います」

 

-ヘアアイロンは高熱で使用しますもんね。

馬場「ええ。ですが、ヘアアイロンの温度や保護剤の使い方などによって、髪の毛に与えるダメージは多少軽減できますよ。ヘアアイロンを日常的に使っていたり、長い時間ヘアアイロンを同じ場所に押し付けてしまったりしていると、髪の毛はドンドン傷んでしまいます」

 

-ヘアアイロンの適切な設定温度はどれくらいですか?

馬場「ヘアアイロンの温度を160180度くらいに設定をして、短時間で使用することをおすすめします」

 

-それ以外の温度を使用した際のデメリットを教えてください。

馬場「高温すぎると髪の毛に与えるダメージが大きくなり、低温だと髪の毛に形がつきにくくなります」

 

-なるほど。

馬場「低温だと髪の毛に与えるダメージは減りますが、形がつきにくくなるので、長時間ヘアアイロンを使ってしまうということがあります。そうなると結局髪の毛にダメージを与えてしまうことになるので、長時間ヘアアイロンを使用するのは避けましょう」

 

-美容院でヘアアイロンを使用する際に気をつけている点はありますか?

馬場「やっぱりヘアアイロンを使用することで与えてしまうダメージの軽減ですね」

 

-ダメージを軽減するためにどういうことをしているんですか?

馬場「ヘアアイロンを使用する前に、保護剤などをつけてしっかりとヘアケアをしてから巻くようにしています」

ヘアアイロンの熱から髪を守るには?

-熱から守るアイテムを教えてください!

馬場「ヒートプロテクト効果のあるヘアスプレーを選ぶといいですね。スプレーのほかにも、ミルクタイプやオイルタイプ、ミストタイプやローションタイプなどたくさんの種類があります。髪の毛をしっかりとコーティングすることで、熱から守ってくれますよ」

 

-熱から守るアイテムを使用するメリットを教えてください。

馬場「髪の毛をヘアアイロンの熱から保護できることが一番です。アイロンの熱を直接髪の毛にあててしまうよりも、保護できるタイプのヘアケア剤を使うと、髪の毛をダメージから守ってあげることができます。あとは、髪の毛を巻くときに形がつきやすくなるので、何度もアイロンを髪の毛にあてる必要がなくなることです」

 

-熱から守るアイテムを使用するタイミングは?

馬場「スプレーやミルクタイプなどで、ヘアアイロンを使用するタイミングは変わってきます。ミルクタイプやオイルタイプの場合は、髪の毛につけて一度ドライしてからヘアアイロンを使用して巻いてください。ヘアスプレーの場合は、髪の毛につけてからすぐにヘアアイロンを使用することができます」

 

-スプレータイプの方が手間がかかりませんね!

馬場「そうですね。うちの美容院ではスプレータイプを使用していますよ」

 

-ヘアアイロンで、髪の毛が傷んでしまったときの対処方法はりますか?

馬場「基本的に髪の毛は自然治癒することはないので、美容院のトリートメントで髪の毛の内部に栄養を入れてあげるのがいいと思います。自宅でのヘアケアでは限界があるので、傷んでどうしようもなくなった場合は、美容院に行ってほしいですね。美容院でしっかりとケアをして、自宅でのケアも欠かさないようにするのが一番いいと思います」

 

-美容院で行われてるトリートメントの種類

馬場「美容院のトリートメントの種類は、かなり多くありますね。なかには、3工程のものや5工程のものなど、たくさんの行程とトリートメントを組み合わせて髪の毛の内部に必要な栄養を入れていくことができます。値段や効果もトリートメントによって違うんですよ。お客様の悩みに合ったものを美容師が選ぶようにしています」

ヘアアイロンを使ってツヤ感のある髪に

-ヘアアイロン専用スプレーは特別な効果があるんですか?

馬場「通常のヘアケア用のスプレーと違って、熱から髪の毛を守る用途もあります。髪の毛をコーティングしてくれて、ヘアアイロンで髪の毛が傷むのをある程度防いでくれます」

 

-ヘアアイロンを使用するときは、ヘアアイロン専用スプレーだけでも問題はないですか?

馬場「できたらヘアケア用のスプレーも使った方が髪の毛には良いです。通常のヘアケア用のスプレーはブローする前や、寝る前に使うようにしましょう」

 

-ヘアスプレーを使うとツヤのある髪の毛になりますか?

馬場「髪の毛のツヤは、髪の毛の表面をどう見せるかや、光の反射で表現されているんです」

 

-髪の毛のツヤって光の反射なんですね!

馬場「はい。なので、ツヤが出るように髪の毛に面を出してあげるのがコツです。ちなみにツヤ感が出やすい髪形は、ストレートヘアや毛先をワンカールさせたものです」

 

-巻き髪の場合はどうですか?

馬場「ツヤ感を出したいならあまり巻きすぎない方が良いです。巻き髪でもツヤ感を出したいという方は、ツヤ出しスプレーやシアバターなどをスタイリングの際に使うことをおすすめします」

 

-ツヤを出すためにスタイリング剤を選ぶんですね!

馬場「スタイリング剤と聞くと、髪の毛のデザインをキープする目的が頭に浮かぶと思いますが、ツヤを出してくれるタイプもあるんですよ」

まとめ

ヘアアイロンを使用すると、普段とは違った可愛い髪形にすることができますが、髪の毛に与えるダメージが心配でしたよね。
けどヘアアイロン用のスプレーなどでケアすることで、熱から髪の毛を守ることができることがわかりました。
これからはヘアケアをしながら、ヘアアイロンでお好みのアレンジができそうですね!
もし、髪の毛にダメージを受けてしまった場合は、美容師さんに相談してください!

SALON INFOサロン情報

aRietta(アリエッタ)

住所:東京都中央区銀座3-2-12 全研ビル6F
電話番号:050-3752-7382

  • この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。
    掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。
  • 掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。
    掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。
CATEGORY :ヘア

MEDIAメディア情報

  • Raku Lab
  • Raku Lab通信編集部

    すべての人の「キレイ」を後押しするメディア「Raku Lab(ラクラボ)」の編集部です★外見だけでなく、みなさんの悩みに寄り添う情報を発信していきます。