Raku Lab通信

マツエクの本数って何本を選べばいいの? 思った通りのイメージにするマツエクの本数を現役アイリストに聞いてきました

マツエクの本数って何本を選べばいいの? 思った通りのイメージにするマツエクの本数を現役アイリストに聞いてきました

マツエクサロンのメニューを見て、困惑したという経験をした方はいないでしょうか?メニューを見ても『マツエク120本○○円』だったり、『マツエク160本○○円』と本数で書かれていることがほとんどですよね。

自分がなりたいまつ毛にするためにピッタリの本数って何本なんでしょうか?

今回はマツエクの本数によってどんな違いが出るのか、銀座にあるマツエク専門店『BUNNY EYES GINZA』でアイリストをしている村岸美咲さんにお話をうかがいました。

CONTENTS目次

マツエクのメリット・デメリットは?

-まつ毛エクステのメリットは?

村岸「お化粧をしなくても、より美しい目元を演出することができますよ。また、見た目だけではなく、お化粧の時間を短縮できるといった効果もあるんです」

-確かにアイメイクって時間を結構使うので、そこが短縮されるのは大きいですね!

村岸「毎朝ビューラーをしてマスカラをつけていると結構時間かかりますよね。忙しい朝にお化粧の時間が短縮できて楽になったというお声をよくお聞きします」

-お化粧の時短以外にメリットはありますか?

村岸「マツエクにすると、ナチュラルにまつ毛が上がって見えるので、目が大きく見える効果があります。これはアイシャドーやアイラインをするよりも効果的だと思います」

-いいこと尽くしのマツエクですが、デメリットはありますか?

村岸「何もしていないまつ毛よりも、ケアが必要になってくることでしょうか」

まつ毛エクステ本数選びの基準は?

-マツエクサロンのメニューを見ても本数で表記されているのですが、どの本数を選べばよいのでしょうか?

村岸「ナチュラルな印象にしたい場合は100本以下の本数を選んでください。100本以上だと少しずつリッチな感じになってきます」

100本を目安に考えたらいいんですね!

村岸「目元をパッチリとさせるまつ毛が好きな方は、120本以上つけることも可能です。中には160本つけるという方もいますよ」

-逆に少ない方は何本くらいを選んでますか?

村岸「普段からお化粧もあまりしなかったり、会社の規則が厳しいというお客様の場合は80本前後を選んでいます」

-初めての場合でも本数を指定しても良いのでしょうか?

村岸「大丈夫です。しかし、初めてなので仕上がりがわからないと思いますし、自まつ毛は個人差があるためカウンセリングをして、アイリストと相談をしながら本数を決めることをおすすめします」

-カウンセリングはどのようなことを聞いているんですか?

村岸「お客様の普段しているアイメイクのことをお聞きします。例えば、「マスカラは使っているか」や「まつ毛パーマはしているか」、「つけまつ毛は使っているのか」ということを聞いています」

-普段のアイメイクが重要なんですね!

村岸「アイメイクに時間をかけている方は100本以上をおすすめしていますし、ナチュラルメイクが好きな方には100本以下から初めて様子を見ながら増やしています」

-一般的に、選ばれる本数の基準は何本ですか? またその理由があれば教えてください

村岸「個人差はありますが、やはり100本以上をつけられる方が多くなっています。何度かまつ毛エクステを経験されている方だと120本くらいがベストという方が多いかと思います。やはり、周りの人にも気づいてもらいたいという願望があるためにそういった本数を選ばれるのでしょう」

下まつ毛につけるマツエクの目安は?

-下まつ毛にも施術される場合の目安本数はありますか?

村岸「下まつ毛の場合、片目10本ずつからつけることができます。10本だけと思われるかもしれませんが、実は、つけるだけで大分印象が変わってきます」

-上まつ毛に比べてだいぶ本数が少ないんですね!

村岸「そうですね。目尻だけに、など部分的につける方もいらっしゃいますし、全体的にまんべんなくつける方もいらっしゃいます」

-下まつ毛にマツエクするときに注意することはありますか?

村岸「上まつ毛よりも、デリケートなのでこすらないようにしていただきたいです。上まつ毛は万が一こすってズレてしまったとしてもお直しすることも可能ですが、下まつ毛の場合は弱いグルーでつけるので取れやすくなっているんです。また、上のまつ毛とのひっかかりの原因にもなるので、なるべくつけたままの状態がキープできるようにしましょう」

自まつ毛が元々少ない人でもマツエクはできる?

-自まつ毛の本数は個人差があると思いますが、元々本数が少ない方でもマツエクはできますか?

村岸「マツエクは、自まつ毛が生えている場所でしたらつけることができます。しかし、自まつ毛が生えていない場所はマツエクをつけることができないんです」

-そうなんですね!

村岸「実際にカウンセリングをして、自まつ毛の状態を確認させていただいて、極端に自まつ毛が少ない場合は事前にしっかりとお伝えするようにしています」

-一般的に何本くらいのまつ毛があれば、施術は可能ですか?

村岸「何本以上で施術ができるなどの決まりはありません。もし不安な方は、実際にマツエクサロンに行って相談してみても良いかもしれません」

-自まつ毛が元々少ない場合や、抜けてしまった場合の対応方法はありますか?

村岸「なるべく健康な状態のまつ毛を生やすことが必要になります。健康なまつ毛を育てるためには、美容液などを活用するといいでしょう」

-目頭だけ、目尻だけなど抜けてしまっている場合はどのようにしたらいいでしょうか?

村岸「その場合は、事前にお客様にお伝えし、どのように仕上げていくかご相談させていただきます。例えば、エクステの方向を変えたりして工夫することもできるので、まずは状態を見させていただくようにしていますね」

-一度抜けてしまったまつ毛はどのくらいの周期で生えてきますか?

村岸「はやい人は3週間で産毛が生えてくるようです。毛周期は個人差もありますが、全部が生え変わるとなると、はやい人で1か月、遅い人で3か月くらいではないでしょうか。また、まつ毛用の美容液をぬることで毛周期が長くなって、抜けにくくなっていくといったこともあります」

自然に見える本数は何本から?

-マツエクをつけたことがない人はなかなかイメージがわかないと思いますが、一番自然に見える本数は何本くらいでしょうか?

村岸「つけているかつけていないかわからないくらいの一番自然な目元に仕上がる本数は、60本くらいです。もう少し増やして80本くらいにするとより自然で美しい目元に仕上がります」

-一番自然な本数よりもちょっと多いくらいがよいんですね!

村岸「ただしお客様の目幅、目の形、毛量によって、同じ80本つけても印象は全く変わってくるので、やはりカウンセリングが重要になってきますね」

-マツエクをつけることで、少しは雰囲気が変わりたいと思いますが、派手すぎず、でも周りに気づいてもらえる本数の目安はありますか?

村岸「普段からきちんとアイメイクをしているという人は、100本以上140本以下くらいの本数をつけてちょうどいいでしょう」

-また本数以外で、おすすめのデザインなどあれば教えてください。

村岸「おすすめのデザインは、やはりお客様の希望によって変わってきます。本数以外でも、太さや毛質などを変化させることができます。当サロンでは、太くないエクステの本数をたくさんつけることをおすすめしています」

-どのような違いがあるんですか?

村岸「太いエクステを100本つけるのと、細いエクステを120本つけるのでは、濃さは同じですがナチュラルさや、まつ毛への負担が変わってきたりします」

デザイン・シーン別おすすめの本数は?

-パーティーや結婚式などでマツエクをしようと思った場合のおすすめ本数を教えてください。

村岸「パーティー、結婚式などの特別な日には、いつもより濃いめをおすすめするようにしています。目安としては、140本以上くらいでカールも強めのマツエクがおすすめです。なるべく写真栄えする目元にすることが目的です」

-写真栄えのことを考えているんですね!

村岸「上まつ毛だけではなく、下まつ毛にマツエクをしたり、まつ毛自体の太さを変えてよりリッチな目元にする方もいらっしゃいますよ」

-ヘアスタイルは季節で流行などがありますが、マツエクも季節で流行るデザインなどはありますか?

村岸「マツエクに関しては季節で流行が変わることはありません。しかし、お休みシーズン前では本数を増やす方がいらっしゃいます。例えば温泉に行ってすっぴんになったり、プールや海に行ってメイクが落ちてしまったりする場合などの対策として、マツエクを普段よりも多めにつける方もいますね」

-確かにメイクが落ちてしまうような場所では、マツエクが大活躍しそうですね!

村岸「ほかにも、花粉の時期はマツエクの量を少なめにしたり、軽めにするなどの対策をしている方もいますよ。マツエクは普段の生活に最適なデザインをするのがおすすめです」

まとめ

マツエクをやってみたいと思っていた方は参考になりましたか?
目元ってその人の雰囲気を変えてしまうくらい重要な部分なので、失敗はしたくないですよね!
自分がなりたいイメージをアイリストに伝えて、理想のまつ毛を手に入れてください♪

SALON INFO サロン情報

マツエク専門店 BUNNY EYES GINZA

住所:東京都中央区銀座3丁目13番2 登栄東銀座ビル3F(登亭銀座ビル)
電話番号:050-3542-0922
定休日:年中無休
営業時間:平日・土11:00~22:00/日・祝10:30~19:00

  • この記事の情報は、掲載開始日時点のものとなります。
    掲載されている記事内容及び店舗情報は予告なく変更されることがあります。ご了承下さい。
  • 掲載サロンは、記事掲載後、移転、閉店などされる可能性があります。
    掲載ネイル画像は予告なく削除される可能性があります。
CATEGORY :まつげ

MEDIAメディア情報

  • Raku Lab
  • Raku Lab通信編集部

    すべての女性の「キレイ」をあと押しするコンテンツを配信するメディア「Raku Lab(ラクラボ)」の編集部です★外見だけじゃなく、心から美しくなれる情報を発信していきます。